2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 日常(2007年3月7日) | トップページ | マーラー/交響曲第6番 »

2007/03/08

日常(2007年3月8日)

 お仕事の日.報告書1本アゲ(^^;).明日は別な文書の作成.それにしてもこの中間管理職は文書作成業務が多すぎ,である.

 【電車内で物を食べるということ : 生活・身近な話題 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)】これ面白いのは,鉄道車両内で飲食することを不可としている連中が,車内での飲食は「もとからいけないこと」だの「親の躾ができてない」だの「恥を知らない」だのと,何やら麗しき伝統を創造していること(^^;).実のところ,どう考えても車内での飲食は最初から非常識であったはずが無いのである.

 ちょっと調べればわかることだけど,日本で新橋-横浜間に鉄道が開通したのが明治5(1872)年.駅弁が最初に発売されたのは明治18年7月16日に日本鉄道宇都宮駅でのこと,とされていたけどこれは誤りだそうで,明治18年に信越本線横川駅で開業した荻野屋(峠の釜めし)あたりが確実な始まりらしい.需要無きところに供給があるはずも無く,鉄道車両内での飲食が必要だったからこそ駅弁が開発され普及したと見るのが正しかろう.そもそも鉄道は地域間交通の手段として発展してきたものであり,現在のような近郊通勤路線の嚆矢は恐らく明治35年に新橋-品川間が開通した東京電車鉄道であり,現在の東急や小田急のような大手民鉄が登場するのは大正後期のことである.また,山手線が東京-万世橋間の開通により中野-上野間の「の」の字運転を始めるのが大正8年.こう書いてくると,ひょっとすると鉄道車両での飲食不可という「文化」が登場したのは関東大震災(大正11年)より後のことではないか,という想像が頭をよぎる.それでも,玉川電車(渋谷-二子玉川)の車内で饅頭を食べた回想も読んだことがある(出典は忘却してしまったので明示できないが)くらいだから,昔はよかった(^^;).

 飲食不可派がその理由として俎上に上げるロングシートの車両だが,鉄道車両は鉄道導入以来クロスシートが主流であった.本格的なロングシートの導入は,国鉄では恐らく昭和36年に山手線に登場した101系が最初だったのではなかっただろうか(昭和30年に東急玉川線に導入されたデハ200形もロングシートだったか).これが飲食不可派が台頭する大きな原因のひとつであることは間違いなく,その後車両内の混雑が過密になると共に東海道本線や東北本線,高崎線,横須賀線に至るまでロングシート車両が跋扈するようになり,これが飲食不可派が現在のように跋扈する決定打になる.それまでは昭和50年代後半の115系(セミクロスシート)が走っていた北関東の東北本線では,車内での飲食など日常茶飯事であり,ましてや「行商」が死語ではなかった数年前のある東北と北関東を結ぶローカル線では,始発車両の中で行商のおばちゃん達がおにぎりとお茶で朝食を摂るのが当たり前の,ほのぼのした日本の風景だったのだから.
 
 要するに「もとからいけない」「親の躾」「恥」などという主張は,明治維新で江戸に出た田舎モノの,江戸への適応をはかるための過剰反応のようなものに過ぎず,所詮は薄っぺらな「マナーモード」である.

 これは,現在の生活保守派と呼ばれる連中によって,如何に「美しい国」の伝統が捏造されていくか,身を以って教えてくれる(^^;)実に興味ぶかい事例のひとつである.

(3月11日加筆修正)

« 日常(2007年3月7日) | トップページ | マーラー/交響曲第6番 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ネタ元は「大手小町」の「発言小町」ですよね?・・・寄り固まって「でしょ、でしょー?そーよねー」って言い合って安心したいだけじゃないか?ってな意見がありましたよ↓

http://d.hatena.ne.jp/wetfootdog/20060214/p1

たしかに「私のモノサシが一番正しい!!」ふうな意見がわりと多めな感じですよね、発言小町って・・・

あ、でも、図書館業界関係者さんのサイトにもそういうトコあるかもなぁ・・・(爆)
もっと利用者の意見聞けよ、としょっちゅう思います。


>>ろーじーさん

 コメントありがとうございますm(_)m お返事遅くなってごめんなさい.

 いや,もうご紹介いただいたblogの通りでして(-_-;).最初のうちは面白がって読んでましたが,最近は精神衛生によろしく無いので読むのを控えております>>発言小町.

> あ、でも、図書館業界関係者さんのサイトにもそういうトコあるかもなぁ・・・(爆)

 ううう.これまたその通りです.ウチの業界は「会して議せず,議して同ぜず,同じて和せず」という格言(!?)を残した先人がおりますが,だいたいが自分のことばかり発言する,ヒトの話は聞かない,否定することを批判だと思っている,業界の結束とはみなが図問研に従うことだと考えている,そもそも「民主制」を「民主集中制」と勘違いしている,挙げれば切りがありません(^^;).そーゆうのが実に多くて,よくも「図書館は民主主義の学校」などと,どの口が言っているのかと小一時間(ry

 もうそろそろ,そういう連中とは縁を切って,心静かに暮らしたいものです.

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日常(2007年3月8日):

« 日常(2007年3月7日) | トップページ | マーラー/交響曲第6番 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ