2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 日常(2007年3月23日) | トップページ | 日常(2007年3月24日) »

2007/03/23

ドヴォルジャーク/交響曲第9番

ドヴォルジャーク/交響曲第9番ホ短調作品95「新世界より」@ニコライ・マルコ/フィルハーモニア管絃楽団(IMG:5 75121 2)

 1956年2月の録音.ニコライ・マルコ(1883-1961)は,僕の意識ではニコライ・ゴロヴァーノフ(1891-1953)やアレクサンドル・ガウク(1893-1963)と並ぶソ連旧世代の巨匠指揮者,という感じなのだが,ところがどっこい(^^;).この「新世界」大時代なところの無い,実にモダーンですっきりした演奏なのである(演奏時間38分ちょっと).第1楽章の序奏部最後のティンパニも1回しか叩かせていないのは,この時期には珍しいことだったのではないか.
 調べてみると,マルコは割合早い時期にソ連を去って西側で活躍していたようなので,この感覚なら亡命もさもありなん,と合点がいったところ.

« 日常(2007年3月23日) | トップページ | 日常(2007年3月24日) »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドヴォルジャーク/交響曲第9番:

« 日常(2007年3月23日) | トップページ | 日常(2007年3月24日) »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ