2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 石川県内の図書館情報 | トップページ | 日常(2007年3月25日) »

2007/03/25

メンデルスゾーン/ヴァイオリン協奏曲

メンデルスゾーン/ヴァイオリン協奏曲ホ短調作品64@アルテュール・グリュミオー&ベルナルド・ハイティンク/アムステルダム・コンセルトヘボウ管絃楽団(フィリップス:PHCP-9632)

 ばろなごんさんの所属するアマオケでも演目に上り,近頃東京で開催されたフィギュアスケート世界選手権で優勝した安藤美姫が今年演じている曲でもあるこのヴァイオリン協奏曲,久し振りに聴いてみようと我が家のコレクションを探したのだが,どうやらこのグリュミオーとクライスラー(EMI/ナクソス)しか手持ちが無いようで,何時もの悪い癖(誰も知らないような作品は知っているくせに,誰でも知っているような曲は知らない)が出てしまったようである(^^;).だから「久し振りに聴いてみよう」も怪しいもので,グリュミオーはチャイコフスキーのカップリング,クライスラーはベートーヴェンのカップリング,つまり「オマケ」程度の認識しか持ってないんですよ,このひとは(>_<).恐らく,きちんと向き合って聴いたことは2,3度しか無いんじゃないのかな.

 しかし,メンデルスゾーンというひとは,恐ろしく完璧な曲を書くひとだな,と改めて思う.かの「真夏の世の夢」序曲からこのヴァイオリン協奏曲や「スコットランド」まで,諧謔ではない「軽妙」を真面目に表現することにかけてメンデルスゾーンをしのぐ作曲家はそうそういないんじゃないかしらん? グリュミオーがまた,いたづらに深刻に陥ることも無い真摯な演奏でメンデルスゾーンの世界を過不足無く表現している.

 それにしても,もう少しメンデルスゾーンにも力を入れてコレクションの充実を図ろう(^^;).

« 石川県内の図書館情報 | トップページ | 日常(2007年3月25日) »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メンデルスゾーン/ヴァイオリン協奏曲:

« 石川県内の図書館情報 | トップページ | 日常(2007年3月25日) »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ