2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 日常(2007年3月28日) | トップページ | 能登半島地震:3月30日の記事から »

2007/03/29

ウォルトン/王冠

ウォルトン/戴冠式行進曲「王冠」@ルイ・フレモー/バーミンガム市交響楽団(EMI:7 64201 2)

 昨晩は勤務先の送別会で司会などやってきたわけですが,退職者の入退場に使うBGMを係が準備してなかったので急遽自宅へ戻って(職住近接のひと),CDを5枚ばかり見繕って「どれにしましょう?」と.個人的にはストコフスキー編曲のバッハ(「G線上のアリア」「羊は安らかに草を食み」)やブラームスのセレナード第1番第3楽章を使おうかと推薦したのですが,不思議なことに入場はモーツァルトのホルン五重奏曲K407の第1楽章,退場は予想だにしなかったこの曲に決定(^^;).持って行ったCDはこれじゃなくてフレデリック・フェネル/東京佼成ウィンドオーケストラの録音(佼成出版社:KOCD-0202,併録のゴードン・ジェイコブ「ウィリアム・バード組曲」が入場用BGMの候補のひとつだったので)で,実用のテンポとしてはフェネルの方がいいんだろうけど(10分9秒),演奏としてはフレモー(8分59秒)の方が上だったので,ちと惜しいことをしました(^^;).
 フレモー(1921-)は手堅いアンサンブルと熱っぽさを身上としたフランス人指揮者.長いことバーミンガム市交響楽団の識者を務め,EMIで秘曲っぽい作品や近現代モノの紹介的な録音を手がけることが多かった.「ラ・マルセイエーズ」のベルリオーズ編曲版なども録音している.

« 日常(2007年3月28日) | トップページ | 能登半島地震:3月30日の記事から »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウォルトン/王冠:

« 日常(2007年3月28日) | トップページ | 能登半島地震:3月30日の記事から »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ