2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« また出た「栄養費」 | トップページ | ベートーヴェン/絃楽四重奏曲第6番 »

2007/03/10

日常(2007年3月10日)

 昨晩は眠気に勝てなかった_| ̄|○
 お休みの日.定期通院,数値悪し.風邪で寝込んでいる間,しこたま食べたからな(-_-;).午後は本屋と床屋のハシゴ.風邪で寝込んで3日ばかり風呂に入らず髭をそのままにしていたら「髭生やし始めたんですか?」と尋ねられた(^^;).僕の場合,3日剃らずに無精髭だが,30日剃らずにいても無精髭のままなので,髭を生やすのは無理と決めている.

 今日,3月10日は東京大空襲の日(帝都空襲に相応しい日として陸軍記念日である3月10日を狙ったものらしい).15年ほど前にはメディアでもあまり注目もされてなかったが,最近はそこここで取り上げてくれる方が増えて,ちょっとホッとしているところ.ただ3月10日は下町が大空襲に遭ったということで庶民派からの関心が高く,3月10日以上のB29が来襲した5月23日-25日の山手方面の大空襲にそれほどの関心が払われないのは少々不思議な感じがしないでもない.これは東京大空襲を語る上での原点/原典とも言える名著『東京大空襲』の影響か.それでも,この本を読むことの出来たひとは,ある意味幸せなのかもしれない.
 僕は中学校の図書室から借り出して読んだときの衝撃を未だに覚えていて,数年前に岩波新書のアンコール復刊で手に入れた同書を読み返すことが出来ないまま,今日に至っている.

東京大空襲
東京大空襲
posted with 簡単リンクくん at 2007. 3.10
早乙女 勝元著
岩波書店 (1980)
この本は現在お取り扱いできません。

« また出た「栄養費」 | トップページ | ベートーヴェン/絃楽四重奏曲第6番 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日常(2007年3月10日):

« また出た「栄養費」 | トップページ | ベートーヴェン/絃楽四重奏曲第6番 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ