2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« マーラー/交響曲第9番 | トップページ | 静寂と喧騒のバランス »

2007/02/11

日常(2007年2月11日)

 お休みの日.昨日は飲み過ぎ,というかあれくらいでは酔わないはずなのに(-_-;).
 早起きしてクルマを出して白河のだるま市へ.相変わらず,朝から人が出ていることである.あまり大きいのは買えないので,小型のものを幾つも買ったところ頼みもしないのにまけてくれた(^^;).

 だるま市からクルマを東に廻し,近頃公共図書館業界内では『市民の図書館』信者から目の敵にされ,業界外では賞賛を以って迎えられている矢祭町へ.ようやく行ってきましたよ,矢祭もったいない図書館へ.勿論,寄贈したい本を些少ではありましたが(^^;)持参して.矢祭で,僕が何を見て,何を聞いてきたのか,それは申し訳無いけど,いまここでは明らかにしませんあしからず.
 ただ,その書架が業界人の危惧とは裏腹に,なかなか立派な内容であったことについてのみ,業界の内外で囁かれた「寄贈本」に対する流言飛語を否定するためにも,ここで申し述べておきます.僕は「フィールドワーク」が好きじゃない(この業界で二言目には「現場,現場」と言っている連中のあまりの視野狭窄にうんざりしているのと,僕自身が不精(^^;)だから)けど,こーゆう経験が出来るのであれば,現場を見聞するのも悪くは無いかと思い始めていますよ.
 おかげで,下司な連中から矢祭を守る決心がつきました(^^;).今日今頃,図問研の東北集会では「矢祭町問題」とやらを口角泡を飛ばして論じている頃加減ですね.

« マーラー/交響曲第9番 | トップページ | 静寂と喧騒のバランス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日常(2007年2月11日):

« マーラー/交響曲第9番 | トップページ | 静寂と喧騒のバランス »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ