2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 日常(2007年2月9日) | トップページ | 日常(2007年2月11日) »

2007/02/11

マーラー/交響曲第9番

マーラー/交響曲第9番ニ長調@レナード・バーンスタイン/ベルリン・フィル(DG:435 378-2

 実にバーンスタインという指揮者は,誰よりもマーラーの交響曲第9番を指揮するために,この世に使わされた指揮者だったんじゃないかと,コンセルトヘボウとの典雅かつ雄大な大河のような録音(DG)を聴いても思うところですが,このベルリン・フィルとの文字通り「一期一会」の壮絶なライヴは,まさにそのことを実感させてくれるものです.1979年,カラヤンの下でオケとしても円熟の極みにあったベルリン・フィルが,当時それほど経験の無かったマーラーの,それも晩年の傑作でありなおかつ総譜には必ずしも万全な指示が書き残されてはいない第9番を,初体験であるバーンスタインの棒で演奏するという空前絶後の企画でのことです.
 この録音は,何でも分析し解体-再構築しなければ気のすまないリスナーには無縁の演奏でしょうねえ(sigh).

« 日常(2007年2月9日) | トップページ | 日常(2007年2月11日) »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マーラー/交響曲第9番:

« 日常(2007年2月9日) | トップページ | 日常(2007年2月11日) »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ