2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 日常(2007年1月31日) | トップページ | チャイコフスキー/交響曲第4番 »

2007/01/31

ブルックナー/交響曲第1番

ブルックナー/交響曲第1番ハ短調(1866年稿)@ゲンナディ・ロジェストヴェンスキー/ソヴィエト国立文化省交響楽団(メロディア/BMG:BVCX-38001/38002)

 いわゆる「リンツ稿」に基づく録音.ロジェストヴェンスキーがブルックナーの異稿を網羅する全集を企図した内の1枚である.何と言ったらいいのか,ヨッフムとかカラヤンとかケンペとかでなじんでいるブルックナーとは非常に異なる,奇妙な演奏で,時々室内楽じゃないかと思わせるくらいオケが絞られたかと思うと次の瞬間金管が炸裂する.オケのバランスも,ここでこの楽器が突出するの? と驚かされることがしばしば.おおよそ,ブルックナーらしからぬところばかりが目立つ演奏である.重厚長大なだけのブルックナーに飽きが来たひと向け.

« 日常(2007年1月31日) | トップページ | チャイコフスキー/交響曲第4番 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブルックナー/交響曲第1番:

« 日常(2007年1月31日) | トップページ | チャイコフスキー/交響曲第4番 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ