2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 「読書」は個人のもの | トップページ | 矢祭もったいない図書館,全国紙の1面を飾る(地方版のみかも?) »

2007/01/13

レーガー/チェロ・ソナタト短調

レーガー/チェロとピアノのためのソナタト短調作品28@ハンス-ゲオルグ・ヤロスラウスキ&ウルリヒ・ウルバン(ベルリン・クラシックス:0031692BC)

 1898年に作曲された,マックス・レーガー(1872-1916)2番目のチェロ・ソナタ.伝記に拠れば,この年レーガーは軍隊を除隊したものの,心身ともに虚脱状態にあったとされるが,この作品を聴く限り虚脱状態の影は窺うことが出来ない.20代半ばにして形式が判然としない,甘い旋律を晦渋かつ重厚な編曲で包み込むレーガーらしいところが濃厚に(この「濃厚」もレーガーを形容する上で欠かせない言葉だ)現れている.演奏も,そうしたレーガーらしいところを十全に表現した佳演である.

« 「読書」は個人のもの | トップページ | 矢祭もったいない図書館,全国紙の1面を飾る(地方版のみかも?) »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レーガー/チェロ・ソナタト短調:

« 「読書」は個人のもの | トップページ | 矢祭もったいない図書館,全国紙の1面を飾る(地方版のみかも?) »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ