2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 日常(2007年1月14日) | トップページ | で,公共図書館業界はどうするの? »

2007/01/14

プロコフィエフ/交響曲第4番

プロコフィエフ/交響曲第4番ハ長調作品47(オリジナル版)@ヴァレリー・ゲルギエフ/ロンドン交響楽団(フィリップス:475 7655)

 バレエ「放蕩息子」の素材を基に,1930年に作曲された交響曲.プロコフィエフらしい皮肉と諧謔にあふれた,但しいささかとらえどころのない音楽である.つーか,はっきり言ってあまり中身はないような( -_-)=○()゜O゜).踊りが付いていれば,もう少し楽しめるのかもしれない.チャイコフスキーの「眠れる森の美女」が僕にとってそうだったように.それともこの作品もまた,やがてソ連に帰国する(1932年)道を選ぶプロコフィエフの,創作の行き詰まりを映し出しているのかも.
 後年,改作して新たな作品番号(作品112)を与えることになったのも,スターリン治世下のソ連ということのみが理由ではなさそうな感じがする.作品112は結局,失敗に終わるけど.

« 日常(2007年1月14日) | トップページ | で,公共図書館業界はどうするの? »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロコフィエフ/交響曲第4番:

« 日常(2007年1月14日) | トップページ | で,公共図書館業界はどうするの? »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ