2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 日常(2007年1月15日) | トップページ | 日常(2007年1月17日) »

2007/01/15

ブラームス/交響曲第2番

ブラームス/交響曲第2番ニ短調作品73@セルジュ・チェリビダッケ/シュトゥットガルト放送交響楽団(DG:POCG-10156)

 1975年4月11日のライヴ.録音のせいか,幾分金管が遠いがチェリビダッケ独特の表情付けを観察するには充分なCDである.ブラームスにしては少々あざといリズムの刻みや表情付けを随所に施しながらも,全体は快調に流れていく.オケは懸命に棒についていっているが,未だところどころに限界がうかがえ,妙にやかましく聴こえたりもする.終楽章も箇所によっては弛緩寸前のところを音楽の展開によって難を逃れているような気がしないでもない(^^;).
 これが1979年ごろになるとオケもチェリビダッケの要求に十全に応えるだけの精度を持つようになる.

« 日常(2007年1月15日) | トップページ | 日常(2007年1月17日) »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラームス/交響曲第2番:

« 日常(2007年1月15日) | トップページ | 日常(2007年1月17日) »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ