2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 日常(2007年1月7日) | トップページ | ショスタコーヴィチ/交響曲第7番 »

2007/01/07

新年の・・・・・・

 新年の目標は「平穏無事」(^o^)/ ここ数年,ずっとこれだが今年こそは(^^;).そんなこと言うならblogに「図書館」のことを書きなさんな,と,ある知人に勧められましたが,まあ,そこはそれ.実は「図書館」とblogについて,早々からある目標を立て実行しようと思ってましたが結果は1日も保たなかったし,やっぱり業なんでしょうねえ(^^;).

 旧年中の図書館系blogの書き様を眺めていると,いわゆる「主流派」の方々ですとか,ある種の「良識派」「正論派」の方々には不快なことこの上ないblogなのでしょう,当blogは.当blogの中の人は何故そんな見方をされるのか,あまりよくわかっていませんが,当blogは言論に対しては言論で,理屈に対しては理屈でお返事を差し上げる,あくまでも裏表の無い「図書館論壇」を目指しますね.
 なお修正主義や不寛容,ファシズムなどには理屈抜きで抵抗することもありえますが,それは最後の手段ということで.


「相手に,殉教者と名乗る口実を与えることは,極めて危険な,そして強力な武器を与える結果になるものである」

(渡辺一夫)


この言葉は,図書館業界に限らず原理主義的な対立軸がはびこる昨今,ますます重いものとなっているような気がします.

 何しろ「俗論」だの「新自由主義」だの言われても正直ピンと来ませんし,「亡者」と言われても今のところは生きてますし,「嘘吐き」呼ばわりされたところで結婚前後の古い出来事を持ち出されやいのやいの言われても???なばかりでして.論争相手に対する姑息なラベリング,当てこすり,モラルハラスメントよりも考えなきゃいけないことが図書館業界には山積しているはずですので,今後は論争においてこのような不毛な対応は慎んでいただきたいものです.

« 日常(2007年1月7日) | トップページ | ショスタコーヴィチ/交響曲第7番 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新年の・・・・・・:

« 日常(2007年1月7日) | トップページ | ショスタコーヴィチ/交響曲第7番 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ