2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

民間図書館らしい企画を生み続けた船橋北口図書館を助けて下さい!(岡直樹) - READYFOR?

ココログ


ほし2

« 2006年4月9日 - 2006年4月15日 | トップページ | 2006年4月23日 - 2006年4月29日 »

2006年4月16日 - 2006年4月22日の記事

2006/04/22

日常(2006年4月22日)

 休日出勤.創立記念日の祝典である(-_-;).午前中は公式サイトを更新したり,相互利用を確認したり.午後は式典出席と永年勤続者へのお祝いなど.

 京都新聞【漫画評論誌で大学の知発信 京都精華大が創刊】商業出版に載せるみたいですが,さて.

チェレプニン/交響曲第1番

チェレプニン/交響曲第1番ホ長調作品42@ラン・シュイ/シンガポール交響楽団(BIS:CD-1017)

 日本楽壇の恩人のひとり,アレクサンドル・チェレプニン(1899-1977)の交響曲第1番は,1927年に作曲されたが,どことなくプロコフィエフ風(^^;).考えてみれば,アレクサンドルの父ニコライ(1873-1945)はプロコフィエフを教えた教師でもある.
 それにしても,どういう思いつきか,この曲の第2楽章は打楽器のみのオーケストレーションで展開する.ヴァレーズの〈イオニザシオン〉(1931年)より幾分早いが,いわゆる「未来派」系というよりは,やっぱりプロコフィエフな感じなのである(^^;).

出し遅れの証文

毎日新聞【指定管理者制度:経費削減VS機能維持 市立図書館に民間委託検討--静岡

 【DORAの図書館日報: 経費削減VS機能維持】から.たまたま,昨日届いた「みんなの図書館」5月号(No.349)も特集が〈指定管理者制度を選ぶ理由・選ばぬ理由〉と,タイトルはあたかも中立を装いながら内容は指定管理者制度への拒絶一辺倒で説得力皆無なのに比べれば,この毎日新聞の記事のほうが余程マシなのはどういうことだ(^^;).

 記事にはこんな一節もある.


「予算削減の努力をしても収入が上がるわけではない。企業にとってうまみの少ない事業」(企業関係者)という。
東京の図書館をもっとよくする会: 「23区図書館業務委託アンケート」分析と評価(概要)】は委託業者の経営姿勢を「ピンハネ」と非難していたが,話が違うじゃないか(^^;).この記事を読む限りじゃ.

 それにしても,レファレンスひとつまともにこなせない直営の公共図書館があると,僕のところにまで聞こえてくる現状が一方にあるのに,


制度導入により地域の学術機関としての機能が失われ、ただの無料貸し本屋になってしまうのではないか
というまとめは,識者の談話と言う前提があるにせよ,論点整理としてはピントが外れているような気がする.指定管理者制度導入の反論として「地域の学術機関としての機能」などという,これまで業界の主流が主張して来なかった機能を今更持ち出しても,それこそ「出し遅れの証文」ですよ.

2006/04/21

ブルックナー/交響曲第1番

ブルックナー/交響曲第1番ハ短調@オイゲン・ヨッフム/シュターツカペレ・ドレスデン(EMI:5 73906 2)

 この作品は何と言うか,一種荒削りの魅力とでも言うか,不思議な魅力がある.竹を割ったような(^^;).ヨッフムの演奏は悪い演奏じゃないものの,DG盤より多少持って回ったようなところもあって,必ずしもこの曲の十全な再現には至っていないのが残念.この曲に関する限り,DG盤のほうがいい.

日常(2006年4月21日)

 仕事.何とか復活(-o-)/.上司が4月早々から病に倒れてやきもきしていたところへ,上司の代行が発令されたというので病み上がりの身ながら,おっとり刀で発令されたヒトのところに罷り越してみたら,先方が出張で不在であった(-_-;).一昨日探されていたらしいのだが,如何せん一昨日からこちらも病欠で(>_<).申し訳ないことである_| ̄|○

 久し振りにのぞいた,図書館系某掲示板で「ゼロから(と言うよりほとんどマイナスから)大学図書館づくり」をしている方がいるのを見つけて吃驚してしまう(*_*).そりゃ無謀ですよ.とにもかくにも,経験者を引っ張って来なくちゃ.「少しのことにも先達はあらまほしきことなり」と先人も申しております.

 日刊スポーツ【私服警官を児童が「不審者」と勘違い】笑い話にならないところが哀しいと言うか,何と言うか.


 奥村喜和男のことは,20年ほど前に放送されたNHKスペシャル〈ドキュメント昭和〉が取り上げていました.確か第4巻「トーキーは世界を目指す」だったと思います.記憶が不確かなので現物に当たればいいのですが,角川書店から出た『ドキュメント昭和』の現物が,我が家の段ボール箱の中なので記憶に頼って書きました(^^;).ゲッベルスの宣伝省をモデルにした情報統制を日本映画の世界で,という話だったような気がします.

三笠宮記念図書館

東京新聞【中東研究かなめ守った 図書館閉館のピンチ、研究者奔走

中近東文化センターホームページ
新しいスタート!(財)中近東文化センター附属『三笠宮記念図書館』へご協力をお願い致します

 斯様な話があったことを全く知りませんでした.「知らなかったこと」自体図書館業界人として申し訳ないし,恥ずかしいです.何故に僕のアンテナに引っかからなかったんだろう.不明を恥じております.

 これからの「三笠宮記念図書館」に近在の皆様,是非とも応援お願いしますm(_)m

2006/04/20

新聞ネタになる「相互貸借」

毎日新聞【宗像市:83万9千冊のネット完成 3大学・短大と市民に図書を相互貸借 /福岡

 【Tohru’s diary:相次ぐ要望の中身は?】から.この程度(物理単位の物理的な移動による)の相互貸借を,新聞の地方欄が取り上げるところに,ちょっと複雑な気持ちがあるのは事実.記事中に出てくる「お年寄り」のお目当ては日本赤十字九州国際看護大学図書館の医学書だと見たけど(^^;).

 こーゆう記事を見てしまうと,実はマスメディアのみならず,図書館&図書館員自身が「図書館」で出来ることを知らないんじゃないか,と思ってしまうのは邪推ですか(^^;).公共図書館業界ばかりじゃなく.

 あと,宗像市民図書館検索ページのURLが少々気になるんですけど(^^;).

日常(2006年4月20日)

 今日も自主休講(-_-;).あちこちの図書館系blogで風邪ひいているみたいで,たまには僕も流行にノッているみたいですが>>こんな流行,ノれなくてもいいです(-_-;).明日は仕事行きたい(ToT).

 北海道新聞【銀河線きょうお別れ】【銀河線お疲れさま 7駅でお別れ式】,毎日新聞【ふるさと銀河線:北見駅に到着 松山千春さん熱唱で別れ
 いつまで残っているかわからないけど,【北海道ちほく高原鉄道株式会社 ふるさと銀河線】それから【「ふるさと銀河線再生ネットワーク」公式ホームページ
 そして北海道新聞【江差線存廃、今後の焦点】とにもかくにも,何かが間違っているような気がする.

2006/04/19

日常(2006年4月19日)

 自主休講で静養(-_-;).気候に身体がついていけなかったみたいで,熱発と倦怠感と鼻詰まり.やる気はあるんだけど,身体が言うことをきかない.昨日のうちにパンを買い込んでおいて助かった(sigh).ひたすら寝る.

2006/04/18

日常(2006年4月18日)

 仕事.朝から体調悪し(-_-;).風邪を引いたらしく,身体が熱っぽい.取り敢えず仕事に行き,今日は連絡調整担当重役のフリで1日過ごす.そうしていると悲喜こもごも,いろいろな話が入ってくる.面倒な話もひとつふたつあるが,なるようにしかならないだろうなと思って諦める.やれやれ(sigh).今日も早く寝よう.

 産経新聞【ネット配信…結局CDで手元に ソフト生産7年ぶり増】記事に曰く「CDがネット配信で打撃を受けるという見方は外れたとの指摘も出そうだ」だーかーらー,まずは気軽に音楽を聴ける環境を整備してよい音楽を聴かせれば,自ずとそーゆうことになるんだってば(^^;).思うにAM/FMラジオに往年の力と輝きが失われて久しいが,ネット配信がその代わりを務めるだけの力をつけてきた,ということなんじゃないかしらん.

 東京中日スポーツ【ズレータ、暴力行為で出場停止10試合】僕は,野球やアイスホッケーでの乱闘騒ぎは好き(^^;)で,ある程度までは寛容ですが(こーゆう事件が起きるとよく口の端に上る「子供に悪影響」「子供の夢を壊す」などの偽善は大嫌い),相手に危害を与えるような身体への攻撃をしてはダメです.
 日刊スポーツ【暴行受けた日本ハム金村、登録抹消】野手同士ならまだしも,向かって来られたら投手は逃げた方がいい.

ホルスト/吹奏楽のための組曲第1番

ホルスト/吹奏楽のための組曲第1番変ホ長調作品28の1@フレデリック・フェネル/クリーヴランド交響吹奏楽団(テラーク:CD-80038)

 ご存知「吹奏楽の神様」フェネルが,クリーヴランド管絃楽団の管楽セクションを振って録音したホルストである.悪いわけが無い(^^;).特筆すべきは無茶苦茶正確なアンサンブルの縦の線と,清潔でふくよかな音色.まず「名演」と評していいだろう.

2006/04/17

コルンゴルト/交響曲

コルンゴルト/交響曲嬰ヘ長調作品40@エドワード・ダウンズ/BBCフィルハーモニック(シャンドス:CHAN9171)

 ヴィーン生まれのユダヤ人で神童としてスタートし,ヨーロッパでは華麗なオペラ作曲家として知られ,USA亡命中はその華麗なオーケストレーションの才能でを生かして,ハリウッドで一世を風靡したエーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト(1897-1957)が晩年,ヨーロッパでの再評価を賭けて世に送り出した大作.だが,第二次大戦後の楽壇はヴェーベルン全盛になり,コルンゴルドのような華麗でメロディアスな作風には冷たく,コルンゴルトは失意の中その生涯を終える.コルンゴルトの再評価が進むのは,ようやくここ10年ほどのことになる.
 このダウンズの録音は,クラシックのバランスでオーケストラをドライヴしているためか,時々音楽の座りが悪いことがある.コルンゴルトの意図とは裏腹に,むしろこの曲のオーケストレーションはセミ・クラシックやイージーリスニングのオケ・バランスでオーケストレーションされているところがあるようだ.

日常(2006年4月17日)

 仕事.今日から演習スタート.教室に行ったら狭い(-_-;).いや,教室は一昨年から同じだけど,今年度は人数が6割増しになっている! まいったな,で来週は大きい教室に振り替えてもらえるように交渉を担当に依頼する.演習,今日は初日なので簡単な内容の説明と自己紹介(^^;).これが楽しみで講師やっている,というのはウソだけど(^^;),さて今年度はどのように進めて行こうかしらん,というのをこれ聞きながら考えるわけだ.
 午後は決算関係の打ち合わせとか,年度当初の計画書作成とか.

 何だかベラボウに眠いので,今日は早く寝ます.

2006/04/16

シェーンベルク/室内交響曲第1番(ヴェーベルン編曲)

シェーンベルク/室内交響曲第1番作品9(ヴェーベルン編曲)@フィリップ・ヘレヴェッヘ/アンサンブル・ムジク・オブリク(ハルモニア・ムンディ・フランス:HMA1951390)

 シェーンベルクの室内交響曲第1番をヴェーベルンがピアノ,フルート,クラリネット,ヴァイオリン,チェロの五重奏に編曲したもの.ヘレヴェッヘが古典以降の作品を取り上げるときは,聴き手の意表を突くようなレパートリーを繰り出してくることがあるが,これもヘレヴェッヘの振る「気狂いピエロ」作品21のピックアップとしてコッソリ(?)録音されている.ヘレヴェッヘとシェーンベルク,という取り合わせが妙なのに,ましてやヴェーベルン編曲の室内交響曲,というのがまた不思議(^^;).

日常(2006年4月16日)

 休日.クルマを駆って富岡町の「夜の森公園」まで桜見物.行きは国道288号線から399号線に出て川内村から富岡へ.帰りは川内村から途中,県道36号線でいわき市から田村市へ出て288号線に合流し,思いつきで滝桜の様子を確認してから帰宅.

Photo_3
↑これは常磐線夜ノ森駅.

Photo_4
↑こちらは夜の森公園で買ったおにぎり(^^;).夜の森公園の画像は見物客が多すぎて掲載見送り(-_-;).

 そう言えば,滝桜は今年から三春町が「滝桜協力金」なるものを徴収するんだそうで(参考:三春町 滝桜サポーター事業三春町 滝桜サポーター事業ご協力のお願い).滝桜は既に何年も前から,桜の季節には駐車料金500円を巻き上げているところだが,さらにその上協力金500円を徴収するというのは如何なる料簡からか.これでは,ひとりで行っても1000円もかかってしまう.takizakura.comが運営する滝桜ブログの記事に拠れば,協力金徴収ゲートも出来ているし,専用道路以外の回り道はチェックが入っているらしい.名は「協力金」だが実態は強制徴収のようで,どうやら三春の「官」は滝桜にタカって絞り尽くすつもりなのかな(-o-)? 確かに三春町内の観光表示は随分親切になっていたけど,この「協力金」は高すぎると思うぞ.せめて「募金」にすれば,悪評判は立たないと思うのだけど・・・・・・・・・(sigh).

« 2006年4月9日 - 2006年4月15日 | トップページ | 2006年4月23日 - 2006年4月29日 »

平成23(2011)年東北地方太平洋沖地震

UNIQLOCK

ついった

フォト

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

はてなハイク

  • はてなハイク

MyMiniCity

ココログ図書館ネタ