2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

民間図書館らしい企画を生み続けた船橋北口図書館を助けて下さい!(岡直樹) - READYFOR?

ココログ


ほし2

« 2006年3月26日 - 2006年4月1日 | トップページ | 2006年4月9日 - 2006年4月15日 »

2006年4月2日 - 2006年4月8日の記事

2006/04/08

日常(2006年4月8日)

 花祭り.
 休日.昨晩が飲み会だったので,不味いとは思いつつ定期通院を1回飛ばす.ネット巡回と文書読みで1日終わり.

 毎日新聞【中京女子大野球部:愛知大学リーグに初挑戦も敗れる】関係者の努力には敬意を表するけど,無理なものは無理.愛知大学リーグに女子の部を創立する方が建設的だと思うが如何.

 【古河建純 インターネットBlog: ココログのトラブル】【古河建純 インターネットBlog: ココログのトラブル状況】このお詫びが@niftyのトップからも,ココログのトップからもリンク張られてないのが,彼らの本気度を占う材料になるわな(^^;).何しろ僕がこの「お詫び」を知ったのは,今日(4月8日)の午後だったんですから.何というか,ここまで顧客満足度を考慮していない企業というのも珍しい(^^;).

シューベルト/交響曲D.944

シューベルト/交響曲ハ長調D.944(第9番)@オットー・クレンペラー/フィルハーモニア管絃楽団(EMI:7 63854 2)

 音楽のスケールが大きく,フィルハーモニアも指揮者の意を挺した好演なのだが,聴き終わった後の感触がどうもスッキリしない.何やら,巨大な謎を目の前に放り出されたような不快感が残るのである.本当に充実した演奏なのに,これはいったい何故なんだろう.

これからの図書館像-地域を支える情報拠点をめざして-(「これからの図書館の在り方検討協力者会議」報告書)読んだ

 「これからの図書館像-地域を支える情報拠点をめざして-(「これからの図書館の在り方検討協力者会議」報告書)」の本文を読み終えたところです.

 大変爽快な読後感を残す報告書でした(^^;).これからしばらくの間の,公共図書館が取るべき進路の大まかな方向がわかりやすく示されており,その方向は常識を持った市民(××市に住んでいるひと,という意味では無いよ)から支持されるものだろうと思います.それを文部科学省が音頭を取った「これからの図書館のあり方検討協力者会議」がまとめ報告した,ということに,今後の地方自治体における公共図書館行政に対し,少なからずよい影響があることを期待します.

 実のところ僕が読むと,割と当たり前のことが書き連ねられているような気もしますが(^^;),むしろこれまではこの報告書に書かれている穏当な程度の意見さえ,日本図書館協会が音頭を取り政策提言としてまとめることが出来なかったことの方が問題かもしれません.かの『市民の図書館』上梓以後の,日図協をはじめとする業界団体の政策提言能力の著しい機能低下については,既に他の論者も指摘しているところであり,大胆な改革によるシンクタンク的機能の強化が各業界団体には今後求められるところです.

 そして,この報告書内で「意識改革」を促されている方々(日図協の現・理事長がそのひとりであるような気がするのは,僕の気のせいでしょうか?)が,この報告書にどのような反応を示すのか,みなさんも「図書館界」や「みんなの図書館」を注視していてください.

2006/04/07

日常(2006年4月7日)

 仕事.新入生オリエンテーションの準備.3日もかけられる余裕があるだけ,いいのか(-_-;).夜は知人を誘って飲み会.お互い愚痴をこぼす(-o-)/.
 酔っ払いなので,これにて今日はお終い.

 毎日新聞【つくる会図書館蔵書廃棄訴訟:賠償額1人3000円が確定】金が目当てじゃないんでしょうから,これで諦めてくださいm(_)m

2006/04/06

日常(2006年4月6日)

 仕事.午前中は貸出カードの作成.午後はお客がボチボチ来始めているところで,耐震補強工事関係の打ち合わせ.大掛かりなものになりそう(^^;).ただでさえ「文系の引越し」は嫌われるのに,図書館の引越しとは考えるだに恐ろしい.新しいのを建てれば1回で済むけど,贅沢は言うまい(-_-;).
 来週のオリエンテーションの分担を決めなきゃいけないんだけど,それ以前に整理しておかなきゃいけないことがあれこれあって,しかもそれも片付けられない(>_<).

 東京新聞【富大高岡食堂 カフェテリアから 『日替わり』80種類 魅力の生協食堂に新装】こーゆうところから改善する(^^;).

 山形新聞【「耳」かわいい?新「つばさ」-宮城で試験車両を公開】見出しがいいね(^^;).

エルガー/ヴァイオリン・ソナタ

エルガー/ヴァイオリン・ソナタ作品82@加藤知子&江口玲(デンオン:COCO-70803)

 冒頭からテンションの高い演奏.爛熟に向かいたがるヴァイオリンに対して,ピアノが終始一貫清潔に対峙する,という感じかな.
 五島みどりよりも,加藤知子の方が何となくヴァイオリンらしいヴァイオリンのような気がするのは,五島みどりの音がある意味完成されつくしている,ということかも(^^;).

これからの図書館像-地域を支える情報拠点をめざして-(「これからの図書館の在り方検討協力者会議」報告書)

これからの図書館像-地域を支える情報拠点をめざして-(「これからの図書館の在り方検討協力者会議」報告書)-文部科学省
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/18/04/06040513.htm

 取り急ぎメモ.週末にゆっくり読みますm(_)m

2006/04/05

日常(2006年4月5日)

 仕事.家内制手工業で新入生用の貸出カード作成,勤務先改装の打ち合わせなど.今日から開館だけど,お客は少ない(-_-;).

 毎日新聞【倒産:出版社「ビブロス」自己破産】実はどんな出版社なのかも知らないのです(^^;).明日,誰かに尋ねてみよう.

 【「ワープロ・パソコン通信」サービスの終了について:@nifty】ついつい取り上げ損ねていたネタ.OASYS LiteⅡ(という名称の機種だったと思う)でワープロ通信を始めた頃には,自分が自宅でインターネットやっている姿なんか想像できませんでした.思えば遠くへ来たもんだ(^^;).
 サービス終了に伴い,パソコン通信のログが消えたことについて論じている方があちこちにいられます.が,ナニ,大人気無いもとい,しつこいおっと,かしこいヒトは今でもちゃんとパソコン通信時代に自分が関係したログをすべて保存しておき,向後の役に立てようと虎視眈々と機会を窺っていると思いますよ(^^;).

かくも長き不在

 先日,こんなエントリーを上げ,国会図書館改革の迷走にかこつけて「貸出至上主義」を免罪するかの如き言動について取り上げたが,あのエントリーは目前の敵(^^;)に過剰に反応する余り,肝心なことを書き落としてしまったよ(^^;).

 そもそも,国立中央図書館の思想/構想が不在だというのは,東京上野に建設された帝国図書館(現在の国際子ども図書館)の挫折に象徴される歴史的な経緯があるわけで,国立中央図書館の思想/構想の不在の方が貸出至上主義よりも遥かに長い歴史を持っているのですから(^^;).それを葦岸堂の中のひとのように(故意か無意識かはともかく)隠蔽して一足飛びに「貸出至上主義」批判への非難の材料として国立中央図書館の不在を持ち出すのは,あまりに短絡的なんじゃあないかしらん.

 むしろ「貸出至上主義」は国立中央図書館の不在と都道府県立図書館の存在意義のあいまいさの間隙を縫う形で,それらの不在を補うために形成された主張という面が全く無いとは言えないでしょう.それが貸出至上主義者による,いわゆる「予約」の高評価につながってくるわけですね.まあ,それはそれでよかったんですよ.貸出至上主義は日本経済の高度成長期に寄り添うことにより,公共図書館業界に大きく貢献したわけだし.

 ところが,「貸出至上主義」を牽引したみなさんはそれがあまりに上手くいったものだから,「貸出」を方法ではなく思想と考え,手段ではなく目的と捉え,戦術ではなく戦略だと勘違いした.初めの一歩を到達点だと思い込んだ.芋虫は脱皮して蝶になるわけだけど,言うなれば貸出至上主義というのは蝶になることを目指すのではなく,巨大な芋虫を作ろうとしたんですよ.

 結局,貸出至上主義は「図書館認識の不在に何も訴えることができていない」どころか,国立中央図書館の歴史的な不在を糊塗することさえ出来なかったということです.「世間の認識を誤らせたのだ」どころか,そもそも国立中央図書館の思想/構想など射程にさえ入っていなかったんじゃないんですか,貸出至上主義には.

アルヴェーン/交響曲第1番

アルヴェーン/交響曲第1番ヘ短調作品7@ネーメ・ヤルヴィ/エーテボリ交響楽団(BIS:CD395)

 アルヴェーンの交響曲は,求心力よりは遠心力(^^;)の働いている音楽という印象だが,この第1番は劇的な音楽にそこそこ緊張感と求心力があり聴きやすい.ヤルヴィの指揮もエネルギッシュでひた押しに押してくる,好演である.

2006/04/04

ヴォーン・ウィリアムズ/田園交響曲

ヴォーン・ウィリアムズ/田園交響曲@ブライデン・トムソン/ロンドン交響楽団(シャンドス:CHAN8594)

 こーゆう選曲になること自体,疲れているのかしらん(^^;).
 “A Pastoral Symphony”と名づけられているだけあって,速いテンポの楽章がひとつも無い(^^;)徹底振り.ピリピリしていた神経が解きほぐされていくような音楽.もう少し,のんびり生きたいな(sigh).

日常(2006年4月4日)

 仕事.朝からてんやわんや(>_<).かいつまんで言うと「勧められる」「挨拶に行く」「仕事辞める」「引き取りに行く」「要望を作る」.こう書くと何か違うモノのような気がしないでもない(^^;).何とか一日,無事に終わってよかったよかった.取り敢えず自分のとこは大丈夫だけど,これからどうなるか予断を許さないです.

 JCB【MAID FIGURE & PHOTOGRAGH PRESENT!】絶句.

 毎日新聞【縦並び社会・格差の現場から】こーゆう現実があっても,産経新聞のヒトは「日本には苛政なんか無い」って言い張るのかしらん(sigh).

2006/04/03

日常(2006年4月3日)

 仕事.今朝は久し振りにお弁当作る(^^;).日常を立て直して,徐々に常態に戻していかないと滞っているものに手をつけることも出来ない.新年度の準備で種々の手配.午後の全体会が無茶苦茶で1時間も予定を超過する(-_-;).今年度は前途多難だぞ,これは.結果,辞令交付も1時間遅れ.10年放っておかれた肩書きがようやく別の肩書きになるが,外部にはともかく,内部的にはどうもよくわからない肩書きで(^^;).その方面に詳しい(?)カミさんに訊ねてみたら「40でそれなら,Y市ではフツーかな」との由.

 河北新報【楽天また逆転負け 苦手の杉内に8連敗】,サンスポ【楽天・野村監督“タイムリー欠乏症”嘆く…スタメン固定できず】負け方が悪い(>_<).開幕ダッシュに失敗するのは想定の範囲内だけど,ここまで1勝7敗というのは予想してなかったですよ.3勝5敗くらいで来るかと思っていたんだけど,負け方に中身が無さ過ぎる.さて,どうしたものか.

アイヴズ/交響曲第2番

アイヴズ/交響曲第2番@ユージン・オーマンディ/フィラデルフィア管絃楽団(BMG:BVCC-38301)

 オーマンディの振るアイヴズは不思議に懐かしい(^^;).この録音を初めて聴いたのが20年以上前ということを差し引いても,失われた懐かしい想い出へのまなざしをどこか感じる.
 ・・・・・・・・・明日もいい日でありますように.

2006/04/02

ブラームス/交響曲第4番

ブラームス/交響曲第4番ホ短調作品98@ヴィクトル・デ・サバタ@ベルリン・フィル(DG:423715-2)

 1939年の録音.アバドやカンテルリのブラームス録音に近い,非常にスッキリした,モダーンな演奏である.もってまわったところや嫌味なところが無い.嫋嫋たる感情移入には不向きだが,理知的な演奏をお好みの方には推薦する.

日常(2006年4月2日)

 休日.平日並みにちと早起きして掃除洗濯など.郵便局に荷物を取りに行き,そのついでに食料調達など.午後は細々したモノをお買い物.

 神戸新聞【改正青愛条例が施行 県警が店舗指導 神戸・三宮


保護者らに有害な情報を含むホームページにアクセスできないようにする義務
兵庫県の公共図書館員はこの条例に唯々諾々と従うんでしょうか(^^;)?

« 2006年3月26日 - 2006年4月1日 | トップページ | 2006年4月9日 - 2006年4月15日 »

平成23(2011)年東北地方太平洋沖地震

UNIQLOCK

ついった

フォト

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

はてなハイク

  • はてなハイク

MyMiniCity

ココログ図書館ネタ