2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 日常(2006年12月8日) | トップページ | 日常(2006年12月9日) »

2006/12/09

先生,それでは宗教です

ケペル先生のブログ: 図書館幕末血風録

 先生,それでは宗教です.少なくとも「公共図書館」は近代市民社会の産物であります.近代市民社会の前提は「自ら考え,自ら行う市民」です.それ故,公共図書館を考えるという行為に思想・信条の自由が認められるのは,僕が四の五の言うまでもなく当たり前のことではないですか.ケペル先生のご発言は自由な思想・信条の発露の抑圧に他ならず,しかもそれが『市民の図書館』への熱烈な信仰に支えられているのであれば,正直申し上げてジョージ・W・ブッシュにおける「テロとの戦い」と性向の違いはあれ,その発言・行動を裏打ちする発想の構造は「熱烈な信仰」という地平で同一のもの,と看做されても仕方が無いと考えます.
 『市民の図書館』は歴史的役割を終え,その路線は既に破綻している,と考える僕のような人間は殲滅されても仕方が無い,とケペル先生はお考えなのでしょうか?

« 日常(2006年12月8日) | トップページ | 日常(2006年12月9日) »

図書館系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先生,それでは宗教です:

« 日常(2006年12月8日) | トップページ | 日常(2006年12月9日) »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ