2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 日常(2006年12月11日) | トップページ | 萎えた »

2006/12/11

ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番

ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番ハ短調作品18@クリフォード・カーゾン&エイドリアン・ボールト/ロンドン・フィル(デッカ:UCCD-7135)

 近頃,巷で評判(^^;)のラフマニノフです.ピアノ協奏曲第2番です.クリフォード・カーゾン(1907-1982)はUKのピアニスト,繊細で典雅な演奏で知られた.生前しばらくの間,現存するただひとりの「サー」を保持するピアニストであった.実はレコード録音には消極的で,発売にOKを出さなかったこともしばしばだったらしい.
 この録音は1955年のモノラルだが,デッカらしく音は鮮明で鑑賞に難は無い.いわゆるロシア風(?)の大柄でズブズブな情感過多の演奏からは遠い(^^;),オーケストラともども繊細でリリックな演奏である.ある意味そっけないくらいに飾らない演奏だが,時々ペダルを踏む音がハッキリ聴こえるのは面白い.

« 日常(2006年12月11日) | トップページ | 萎えた »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番:

« 日常(2006年12月11日) | トップページ | 萎えた »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ