2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 日常(2006年12月25日) | トップページ | ベートーヴェン/交響曲第9番 »

2006/12/25

ディストラー/クリスマスの物語

ディストラー/「クリスマスの物語」作品10@ハンス-ヨアヒム・ロッチュ/ライプツィヒ聖トーマス合唱団(ベルリン・クラシックス:0092462BC)

 フーゴー・ディストラー(1908-1942)は第三帝国下ドイツの作曲家.ドイツ福音協会(ナチに協力的だったプロテスタント)の教会音楽家として活動した作曲家で,この作品に聴く限り間違いなくすぐれた音楽的才能の持ち主だった.ナチ寄り教会に属していたにも拘らず,その音楽は見かけの仕掛け(この作品も無伴奏四部合唱と6人の独唱者による)よりも遙かに現代的であったが故にモダニズム・頽廃音楽視されてしまい,最後には行き詰って自殺に追い込まれる.
 しかし,去年もこの作品,自分で取り上げていたのね(^^;).全体で37分ほどの作品だけど,旋律の美よりは綺麗な和声と交声が印象的である.擬バロック風,とでも言うべきか.

« 日常(2006年12月25日) | トップページ | ベートーヴェン/交響曲第9番 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ディストラー/クリスマスの物語:

« 日常(2006年12月25日) | トップページ | ベートーヴェン/交響曲第9番 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ