2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« チャイコフスキー/胡桃割り人形 | トップページ | 開館が待たれる矢祭図書館 »

2006/12/12

日常(2006年12月12日)

 お仕事の日.受入業務をコツコツと日がな一日.

 読売新聞【図書館の本、傷だらけ…「切り抜き」「線引き」横行】記事に曰く


「館内で若い女性が最新号のファッション雑誌からヘアスタイルの写真をカッターで切り抜いていた。驚いて注意すると、女性は悪びれる様子もなく「どうしていけないんですか」と言い放ったという。」
恐れ入り奉り候_| ̄|○ こーゆうのはモラルに頼っていては改善しません.何しろ「公共の財産を傷つけてはいけないという最低限のルール」を誰にも習ってないんですから(-_-;).僕らならそーゆうルールは無意識のうちに身に付いたものですが,いまは万引き並みにルールを徹底しなければダメでしょうね.今後は,公共図書館が連携して,上記のようなケースは警察に連絡の上,器物損壊で告訴するくらいのことをした方が世の為人の為,ということになるのではないですか.
 こーゆうことには,日本図書館協会が「見解」を出してもよろしいかと思うのですが,どんなものなのでしょうね.

« チャイコフスキー/胡桃割り人形 | トップページ | 開館が待たれる矢祭図書館 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日常(2006年12月12日):

« チャイコフスキー/胡桃割り人形 | トップページ | 開館が待たれる矢祭図書館 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ