2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 日常(2006年11月25日) | トップページ | 日常(2006年11月26日) »

2006/11/26

グラズノフ/交響曲第2番

グラズノフ/交響曲第2番嬰へ短調作品16@エフゲニー・スヴェトラーノフ/ソヴィエト国立交響楽団(ヴェネツィア:CDVE04259

 21歳のときの作品.何分情報が少なくて成立過程など未調査だが,なるほど「ロシアのブラームス」とはよく言ったものだ,と思わせる佳作.第1楽章は幾分冗長だが,次から次へと繰り出される魅力的な旋律が飽きが来るのを防いでくれる(^^;).以下の楽章も少々「長さ」を感じなくも無いが(形式感がさっぱりつかめない),とにもかくにも旋律は魅力的でかわいらしいというか,愛らしいというか.
 スヴェトラーノフもぶりぶり振らず,慈しむようにまとめている.

« 日常(2006年11月25日) | トップページ | 日常(2006年11月26日) »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グラズノフ/交響曲第2番:

« 日常(2006年11月25日) | トップページ | 日常(2006年11月26日) »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ