2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« ベートーヴェン/交響曲第9番 | トップページ | 日常(2006年11月20日) »

2006/11/20

マーラー/交響曲第6番

マーラー/交響曲第6番イ短調@ジョージ・セル/クリーヴランド管絃楽団(SONY:SBK 47654

 何を思ったか,しばらく振りに引っ張り出したCD.何故にしばらく振りかと言えば,ちっとも面白くない演奏(^^;)だからなのだが,しばらく振りに聴いてみて,やっぱり面白くないのである.オーケストラの音色をピアノの如く訓練していたセルの美点が裏目に出ている.諸井誠だったか,この演奏を「批評の産物」と形容していたが,確かに分析的に聴こえる演奏である.基本的にインテンポでほとんど揺れのないリズムを刻みながら演奏は進む.それが正直言って「単調」にしか聴こえないのだ.音量は大きくなったり小さくなったりしているものの,その動きから「ドラマ」が削ぎ落とされてしまっているのが何とも.このあたり,新古典主義的なマーラー解釈の限界か.

« ベートーヴェン/交響曲第9番 | トップページ | 日常(2006年11月20日) »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マーラー/交響曲第6番:

« ベートーヴェン/交響曲第9番 | トップページ | 日常(2006年11月20日) »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ