2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« シューベルト/ピアノ三重奏曲第1番 | トップページ | 依らしむ可し,知らしむ可からず »

2006/11/02

モーツァルト/ピアノ協奏曲K.467

モーツァルト/ピアノ協奏曲ハ長調K.467(21番)@ロベール・カサドシュ&ジョージ・セル/クリーヴランド管絃楽団(SONY:SM3K 46 519)

 ロベール・カサドシュ(1899-1972)はワルター・ギーゼキングと並ぶ新古典主義世代の名ピアニスト.ラヴェルと親交があり,飾らず抑制の効いたラヴェルやモーツァルトの演奏で知られたそうだが,この録音でのカサドシュのモーツァルト演奏は,セルの遙か後塵を拝しているような気がする(^^;).クリーヴランドの音に比べてカサドシュの音が濁っているように聴こえるのは,僕の耳が悪いのかしらん?

« シューベルト/ピアノ三重奏曲第1番 | トップページ | 依らしむ可し,知らしむ可からず »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モーツァルト/ピアノ協奏曲K.467:

« シューベルト/ピアノ三重奏曲第1番 | トップページ | 依らしむ可し,知らしむ可からず »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ