2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 日常(2006年11月16日) | トップページ | 日常(2006年11月17日) »

2006/11/16

メトネル/ピアノ協奏曲第1番

メトネル/ピアノ協奏曲第1番ハ短調作品33@コンスタンティン・シチェルバコフ&ヴラディーミル・ジーヴァ/モスクワ交響楽団(ナクソス:8.553359

 ニコライ・カルロヴィチ・メトネル(1880-1951)はロシアのピアニスト・作曲家.ロシア革命後亡命し,最終的にはロンドンに落ち着きその地で死去した.ラフマニノフ・スクリャービンとミャスコフスキー・プロコフィエフの中間世代にあたる.晩年にはインドのマハラジャのパトロネージュを受け,その作品の出版と録音がなされた由.
 この協奏曲,かなり技巧的なピアノ・ソロだが耽美的というよりは,夢幻の如きはかなげなロマンティシズムを身上とする作風だと思われるところ,どうもこの録音はメトネルの音楽を上手くとらえきっていないのでは(^^;).音楽に入り込めないもどかしさを感じる.

« 日常(2006年11月16日) | トップページ | 日常(2006年11月17日) »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メトネル/ピアノ協奏曲第1番:

« 日常(2006年11月16日) | トップページ | 日常(2006年11月17日) »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ