2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 日常(2006年11月24日) | トップページ | 日常(2006年11月25日) »

2006/11/25

グラズノフ/交響曲第1番

グラズノフ/交響曲第1番ホ長調作品5@エフゲニー・スヴェトラーノフ/ソヴィエト国立交響楽団(ヴェネツィア:CDVE04259

 ゴメンなさい,実は全然期待せずに聴き始めたのですよ(^^;).そもそも店頭で見て買うのを迷ったほど(交響曲全集だった).グラズノフの交響曲,第5番は知っているしそれなりにいい曲だとは思うものの,「四季」「ライモンダ」やヴァイオリン協奏曲がウンザリするほど退屈だった記憶しかないので,これもバレキレフの交響曲みたいなものかと勝手に思ってましたが.
 いやはや,とんでもない思い込みでした.春の陽射しのような淡い明るさと華やかさが匂い立つような旋律とオーケストレーションで過不足無く表現されている,内容も技術も第一級の音楽でありました.退屈だなんて,とんでもない.しかも,15歳でこれを作曲したんですって! 
 スヴェトラーノフの指揮もガンガン勢いづいて粗暴になることもなく(^^;),グラズノフの青春を慈しむかのような演奏である.これは掘り出し物でした.

« 日常(2006年11月24日) | トップページ | 日常(2006年11月25日) »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グラズノフ/交響曲第1番:

« 日常(2006年11月24日) | トップページ | 日常(2006年11月25日) »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ