2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 日常(2006年10月29日) | トップページ | 日常(2006年10月30日) »

2006/10/29

J.C.F.バッハ/ラザロの復活

ヨーハン・クリストフ・フリードリヒ・バッハ/オラトリオ「ラザロの復活」@ジャン・フランソワ・パイヤール/パイヤール室内管絃楽団(エラート:0630-11224-2)

 ヨーハン・ゴットリープ・ヘルダー(1744-1803)の詩により,大バッハの息子のひとりヨーハン・クリストフ・フリードリヒ(1732-1795,通称「ビュッケブルクのバッハ」)が1773年に作曲したオラトリオ.題材は新約聖書「ヨハネによる福音書」に登場する,イエスが病気で亡くなったラザロを蘇生させた奇跡に基づく.深い哀しみを湛えた第1曲から始まり,ところどころ父バッハの受難曲に似た表現が聴かれ,父の劇的な振幅の激しさには欠けるとは言え,抑制の中に感情を湛えた表現は,聴かずに済ませるには惜しい音楽であると思う.
 パイヤールはこの知られざる佳曲を,愛情を注ぎ丁寧に,かつ端正に演奏している.

« 日常(2006年10月29日) | トップページ | 日常(2006年10月30日) »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: J.C.F.バッハ/ラザロの復活:

« 日常(2006年10月29日) | トップページ | 日常(2006年10月30日) »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ