2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 日常(2006年10月28日) | トップページ | 日常(2006年10月29日) »

2006/10/28

J.S.バッハ/音楽の捧げもの

J.S.バッハ/音楽の捧げものBWV1079@ヘルマン・シェルヘン(指揮)のアンサンブル(ウェストミンスター:MVCW-18015)

 CDの解説に拠ると,ラジオ・スイス・ロマンドの作曲家だったロジェ・ヴュアタ(Roger Vuataz,1898-1988)という作曲家による編曲との由.調べてみるとヴュアタには「Conversation avec B.A.C.H, Op.117」という作品もあるらしい.9つの楽器によるアンサンブルだが,2つの「リチェルカーレ」もアンサンブルで演奏するように編曲されているのが珍しい(「6声のリチェルカーレ」がどことなくヴェーベルン風に聴こえるのはご愛嬌?).楽曲の順番も一般的なものとは違う.
 1951年の録音なので,当然ながらモダン楽器を使っての編曲と演奏だが,当時としてはかなり斬新で禁欲的なバッハだったんじゃないだろうか.シェルヘンは「あの」ルガノのベートーヴェンだけで語り尽くせる指揮者じゃないことが,この録音など聴くとわかってもらえると思う.

« 日常(2006年10月28日) | トップページ | 日常(2006年10月29日) »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: J.S.バッハ/音楽の捧げもの:

« 日常(2006年10月28日) | トップページ | 日常(2006年10月29日) »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ