2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 日常(2006年10月2日) | トップページ | J.S.バッハ/ブランデンブルク協奏曲 »

2006/10/02

マーラー/交響曲第2番

マーラー/交響曲第2番ハ短調@レオポルド・ストコフスキー/ロンドン交響楽団(RCA/BMG:BVCC-38010/11)

 1974年,ストコフスキー92歳のときの録音.ストコフスキーによるマーラーのスタジオ録音はこれだけだが,ライヴではマーラーを取り上げていたらしく,1916年には第8番と「大地の歌」のUSA初演を手がけている.
 この録音,92歳とは思えぬシャッキとした演奏だが,時々面白いところがあって,例えば第4楽章ではソリスト(ブリギッテ・ファスベンダー)と指揮者のテンポがずれ,ソリストがオケに合わせているのがハッキリわかる(^^;).第5楽章ではティンパニが半拍ずれているように聴こえる箇所があるのは,ストコフスキーの解釈かも.

« 日常(2006年10月2日) | トップページ | J.S.バッハ/ブランデンブルク協奏曲 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マーラー/交響曲第2番:

« 日常(2006年10月2日) | トップページ | J.S.バッハ/ブランデンブルク協奏曲 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ