2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 日常(2006年9月27日) | トップページ | J.S.バッハ/フーガの技法 »

2006/09/27

スクリャービン/神聖な詩

スクリャービン/交響曲第3番作品43「神聖な詩」@ジュゼッペ・シノーポリ/ニューヨーク・フィルハーモニック(DG:F00G-20397)

 これも異形の交響曲.連続して演奏される「闘争」「悦楽」「神聖な戯れ」と題された3つの楽章からなるが,楽章の形式は聴いただけではさっぱりわからない,その程度の弱い拘束力しか持ち合わせず,単一楽章の巨大な交響詩と説明されても納得してしまいそうな音楽である.聴いていても先の見通しが利かず,何処へ連れて行かれるのかさっぱりわからない.あとに書かれた「法悦の詩」「プロメテ」が「神聖な詩」の半分以下の時間にまとまっているのもむべなるかな.
 僕にとってシノーポリの指揮は当たり外れの振幅が激しいものだが,この曲ではどうだろう.文字でも音符でもかなり小難しい理屈を並べているスクリャービンの音楽を,とにもかくにも聴かせてはくれるのだが.

« 日常(2006年9月27日) | トップページ | J.S.バッハ/フーガの技法 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スクリャービン/神聖な詩:

« 日常(2006年9月27日) | トップページ | J.S.バッハ/フーガの技法 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ