2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

民間図書館らしい企画を生み続けた船橋北口図書館を助けて下さい!(岡直樹) - READYFOR?

ココログ


ほし2

« 日常(2006年9月2日) | トップページ | 溥儀 »

2006/09/02

丸山眞男

丸山真男
丸山真男
posted with 簡単リンクくん at 2006. 9. 2
苅部 直著
岩波書店 (2006.5)
通常24時間以内に発送します。

 実は『丸山眞男の時代』の方が『丸山眞男』より面白く読めたのは,僕の性癖のしからしむるところではあるかと(^^;).それは『丸山眞男』がつまらなかったことを意味するわけではなく,『丸山眞男の時代』の方が記述する対象に対して批判的であることを意味しているに過ぎないと思います.たまたま僕は『丸山眞男の時代』を先に読んでしまったけど,興味のあるひとは『丸山眞男』を先に読むことをお薦めします.『丸山眞男』を読んだだけでは「なるほど」で済んだことが,次に『丸山眞男の時代』を読むと「なるほど,しかし」や「なるほど,それで」になるかもしれませんから.
 とにかく,日本における「近代」あるいは「近代化」の流れということを考えるとき,丸山眞男の思考は(いまでは幾分,限定や留保が付くのは止むを得ないとは言え)大変に示唆に富むものであり,その断片でも残照でも多少なりとも押さえておかなければならないものだろうということを,この二冊の本に確認させられました.何しろ僕は,『フルトヴェングラー』の鼎談で始めて,丸山眞男の謦咳に接したという不勉強な輩ですので,これ以上のことは言えそうにもありません.

丸山真男の時代
竹内 洋著
中央公論新社 (2005.11)
通常2-3日以内に発送します。
フルトヴェングラー
脇 圭平著 / 芦津 丈夫著
岩波書店 (1984.11)
この本は現在お取り扱いできません。

« 日常(2006年9月2日) | トップページ | 溥儀 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38016/11733715

この記事へのトラックバック一覧です: 丸山眞男:

« 日常(2006年9月2日) | トップページ | 溥儀 »

平成23(2011)年東北地方太平洋沖地震

UNIQLOCK

ついった

フォト

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

はてなハイク

  • はてなハイク

MyMiniCity

ココログ図書館ネタ