2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 日常(2006年8月28日) | トップページ | だめだこりゃ »

2006/08/28

プーランク/スターバト・マーテル

プーランク/スターバト・マーテル@セルゲ・バウド/リヨン国立管絃楽団・合唱団(ハルモニア・ムンディ・フランス:HMX290831)

 1950年に作曲され翌年初演された,一説にはフランシス・プーランク(1899-1963)の最高傑作とも目される,ソプラノ,混声四部合唱と管絃楽のための,30分ほどの充実した作品である.「クリスチャン・ベラールの思い出に」(楽譜の扉の言葉),彼へのレクィエムの代わりとして作曲された.ベラールについては知識が無いので,あとで調べておきますm(_)m
 「スターバト・マーテル(悲しみの聖母)」とは,カトリック教会の聖歌のひとつで,我が子イエスが磔刑に処せられた聖母マリアの悲しみを歌うものである由.ここでプーランクは,「オーバード」や「田園のコンセール」に聴かれる都会派で軽妙洒脱な作風は顔をほとんど見せず,悲劇的な,美しいハーモニーと緊迫感溢れるリズムの合唱を交互に聴かせていく.「最高傑作」と評するひとがいるのも,むべなるかな.

« 日常(2006年8月28日) | トップページ | だめだこりゃ »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プーランク/スターバト・マーテル:

« 日常(2006年8月28日) | トップページ | だめだこりゃ »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ