2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 侍従とパイプ | トップページ | 日常(2006年8月3日) »

2006/08/03

ベートーヴェン/交響曲第7番

ベートーヴェン/交響曲第7番イ長調作品92@ヘルベルト・フォン・カラヤン/ベルリン・フィル(DG:463 092-2)

 1962年3月の録音.カラヤン/ベルリン・フィルのコンビによる,最初のベートーヴェン/交響曲全集の1曲である.以前にも書いたような記憶があるがこの全集,1961年から62年にかけて一気呵成に録音されたもので,どう贔屓目に考えても,その直前に癌に倒れ再起不能と言われたフェレンツ・フリッチャイ(1914-1963)の挫折したベルリン・フィルとのベートーヴェン全集を意識したとしか思えない.と言うのも,例えばこの第7番はかなりの名人芸を要求される快速調(33分44秒)で演奏されているが,フリッチャイのそれ(1957年9月の録音)は悠揚迫らぬテンポと練り上げられたアンサンブルで39分11秒もかけているのである.フリッチャイの録音の多くが,カラヤンの死後まとめてCD化されるまで長らく日の目を見なかったのもむべなるかな.
 僕はこの何やら熱っぽく勢いのあるカラヤンの演奏,好きですけどね(^^;).

« 侍従とパイプ | トップページ | 日常(2006年8月3日) »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベートーヴェン/交響曲第7番:

« 侍従とパイプ | トップページ | 日常(2006年8月3日) »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ