2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« メモ | トップページ | 「公共図書館」所蔵資料の「イメージ」とは? »

2006/08/26

日常(2006年8月26日)

 お休みの日.定期通院と久し振りの整体.かなりあちこちガタが来ていたようでスッキリ(^^;).

 山陰中央新報 【 「美保関沖遭難事件」語り継ぐ記念碑完成先日シンクロニシティした「美保関事件」関連の記事.この記事ではよくわからないけど,『美保関のかなたに』の著者は出席されたのだろうか?

美保関のかなたへ
五十嵐 邁〔著〕
角川学芸出版 (2005.12)
通常2-3日以内に発送します。

 日本海新聞【故郷への愛着常に 高木東六さん悼む県内関係者

 日本海新聞【9割が「運賃高い」 鳥取-東京航空便利用者調査「鳥取空港の利用促進を要請しても、運賃が安いから岡山空港を利用すると言われる」米子空港も同じことか(-_-;).「旅割」適用外のお盆期間中,羽田ー米子間の運賃がひとり当たり往復で60000円を超えるなんて,信じられますか?

« メモ | トップページ | 「公共図書館」所蔵資料の「イメージ」とは? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはつです。
美保関のかなたにを検索したら出てきたので見てみました。
この式に参加させていただきましたが、五十嵐様の姿を見る事はできませんでした。
っというか、この新聞の写真に自分が出てるんですよ。実は。
この眼鏡の少年です。
しかし、このように日記で取り上げてもらうのはうれしく思います、

>>ネビポタ艦長 さん

初めましてm(_)m ようこそおこし,です.

式に参加して,しかも報道写真に写っているなんて,何かスゴイですね.ちょっとビックリしました.
『美保関のかなたへ』は郷土史好きな義父のところで,最初に出版されたハードカバーを読んだのがそもそもの出会いでした.心の何処かに,覚えておかなきゃいけない歴史だと思ってます.

コメントありがとうございました.これからもどうぞよろしくm(_)m

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日常(2006年8月26日):

« メモ | トップページ | 「公共図書館」所蔵資料の「イメージ」とは? »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ