2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 日常(2006年8月6日) | トップページ | 橋本國彦/交響曲第1番 »

2006/08/06

ノーノ/命と愛の歌

ノーノ/命と愛の歌@インゴ・メッツマッハー/バンベルク交響楽団(EMI:5 55424 2)

 ルイジ・ノーノ(1924-1990)はカールハインツ・シュトックハウゼン,ピエール・ブーレーズと共に「前衛三羽烏」と称されたイタリア出身の作曲家.クラウディオ・アバドやマウリツィオ・ポリーニは以前熱心にその作品を演奏し,DG(!)に録音もしていた.しかし,未だに健在な他のふたりに比べて早くに亡くなったことに加え,生前強固な信念に基づく社会主義者であり続け,またダルムシュタット講習会以来のセリエリズムへの忠誠を終生保ち続けたこともあって,その作品は難解であることが多く,ルチアーノ・ベリオのように感覚に訴える面白さ(あざとさ)も無いノーノの作品は次第に忘れ去られがちになりつつあるようだ(イタリア本国ではどうなのだろう?).
 〈命と愛の歌〉は第1楽章に「広島の橋の上で」という副題を持つ.広島での原水爆禁止世界大会に出席したドイツの哲学者などの言葉をテキストに用いている,3楽章で16分ほどの作品.

« 日常(2006年8月6日) | トップページ | 橋本國彦/交響曲第1番 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノーノ/命と愛の歌:

« 日常(2006年8月6日) | トップページ | 橋本國彦/交響曲第1番 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ