2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 日常(2006年8月30日) | トップページ | 矢祭町関連blogリンク集,のようなもの »

2006/08/30

ミャスコフスキー/チェロ・ソナタ第1番

ミャスコフスキー/チェロ・ソナタ第1番ニ長調作品12@トルルス・メルク&ジャン-イヴ・ティボーデ(ヴァージン:4 82067 2

 ニコライ・ミャスコフスキー(1881-1650)は20世紀に27曲も交響曲を書いた作曲家として知られているわけだが,実はこんな魅力的な室内楽も書いていたのね(^^;).1911年の作曲だというから,作曲者30歳のときの作品.ラフマニノフの爛熟とも,プロコフィエフの辛辣とも違う,清新なロマンティシズムの香りが横溢している佳作です.
 チェリストは姓の綴りから北欧系のひとかな.ピアニストは,確か日本で開催された国際音楽コンクール(名前を忘れた)の最初の1位を獲得した奏者だったと記憶する.ふたりともこの録音では,ちょっと線が細そうだけど,爽やかな音楽に相応しい爽やかな演奏を繰り広げていますよ.

« 日常(2006年8月30日) | トップページ | 矢祭町関連blogリンク集,のようなもの »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミャスコフスキー/チェロ・ソナタ第1番:

« 日常(2006年8月30日) | トップページ | 矢祭町関連blogリンク集,のようなもの »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ