2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 甲斐智枝美コレクション | トップページ | 日常(2006年7月30日) »

2006/07/30

シューマン/交響曲第3番

シューマン/交響曲第3番変ホ長調作品97〈ライン〉@クラウス・テンシュテット/ベルリン・フィル(EMI:TOCE-9681)

 この作品はちょっと不思議な音楽で,ガーディナーあたりの録音で聴くと如何にもシューマンが無理に背伸びしてガラでもない重厚な音楽を書いたように聴こえるけど,このテンシュテットの指揮で聴くと如何にものびやかで重厚な作品をシューマンが書いたように聴こえる(^^;).「稀代の大曲振り」テンシュテットの指揮は,ここでもベルリン・フィルを存分にドライヴし,豪壮華麗かつ神経の行き届いたアンサンブルを聴かせる.

« 甲斐智枝美コレクション | トップページ | 日常(2006年7月30日) »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シューマン/交響曲第3番:

« 甲斐智枝美コレクション | トップページ | 日常(2006年7月30日) »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ