2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« マーラー/交響曲第7番 | トップページ | ドヴォルジャーク/交響曲第9番 »

2006/07/13

日常(2006年7月13日)

 気持ち悪いくらい,ココログがサクサク動くようになって復帰です(^^;).まずはよかった(^o^)/ これからも,この状態で動作が続きますように.

 お仕事の日.
 読売新聞【郵便小包も駐車規制、「不公平」の声受け…警察庁方針】話が逆ではないかと.民間の宅配業者も駐車規制取締りの対象から除外するのが,正しい方向でしょう.さらに,介護保険適用内の介護サービス関係車両なども取締りの対象から除外するのが適当なんじゃないかと思うのですが.

 毎日新聞【宮田征典さん:球史に名を刻んだ“8時半の男”】最近〈ズームイン!!サタデー〉でもお見かけしないなあ,と思っていたのですが(sigh).残念です.

 毎日新聞【高校野球:脳梗塞克服の投手が最初で最後の登板 大分大会】今日だったんだ,この話.まずは,お疲れさまでしたm(_)m

 大分合同新聞【高校入試 通学区別の平均点 生徒”流出”を恐れる地方】,河北新報【宮城・公立高 「学区制」撤廃へ 県教委審議会】一極集中を理由に,高校入試における「学区制の廃止」を問題視するのなら,いわゆる「進学校」と称する学校を名称は変えずに,例えば宮城県なら仙台市から七ヶ宿町女川町に移転してしまう,というのはダメですか? 「根本的な解決にならない」とか言われるのがオチですか(-_-;).

« マーラー/交響曲第7番 | トップページ | ドヴォルジャーク/交響曲第9番 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

仙台の高校学区について発言を見ましたので、遅まきながらコメントします。

私は、仙台市内のS高等学校出身ですが、ここは学区制度は適用外でした。同級生は、西は愛子、東は松島、南は茂庭と、通学可能な範囲であればどこでも入学可能でした。

所詮仙台なので、東口再開発区域に土地は余っているはずです。かつ、交通の要衝は仙台駅前です。仮に、進学校移転するならば、仙台駅周辺に集中配置するのが、宮城県民にとって有益です。

仙台近郊県立進学校(仙台第一~第三、仙台女子第一~第三、向山、泉館山)をみても、仙台駅から 3~10km の近郊住宅地中心に(かつ南北均等に)分散配置されており、従来の北学区/南学区指向に沿っていることは明らかです。しかしこの配置は、仙台市民とってある程度の恩恵はあるものの、鳴子、気仙沼、川崎町などの受験生にとっては、新幹線を使っても下宿必須となることは必至です。

本気で、北/南学区を解消する気があるなら、県立進学校として、宮城県民(の子弟)を受け入れ可能な体制作りを求めるべきでしょう。具体的には、仙台駅より 500m 範囲内での公立入寮施設整備、および各進学高校で独自教育プログラムの策定・公開と、受験生に地理的制約なしに志望校を選択できる情報提供(都市部/周辺部の教育格差を是正するという考え方を否定しませんが、地方公務員教員の量的質的資源に限りがあるのは、どの地方でも共通認識であろうと思います。親がお金持ちでなくとも、県内どこに住んでいたとしても、公立校でハイレベルな大学受験レベルの学力を育成することは、県教育行政の責務と考えます)が必要です。

結果、いわゆる(偏差値的に)二極分化が生じるかもしれません。しかし学力(適性)は、それぞれの段階で、覚醒され、意識し、会得していくものです。(無論、教育不適応(精神学的用語として使用))生徒についてのフォローが、教育プログラム上に担保されているという前提が重要です。

少し話が飛びました。

宮城県人は、出身大学より出身高校で人を見る、というのが某サイトにありましたが、それは正確です。ナンバースクールから県職員(キャリア)になった課長レベル(ほぼ同世代?)が、出身高校の校舎・立地・伝統に固執するあまり、将来の生徒に不便を強いる学区制見直しとなることを、実は一番懸念しています。

長文失礼。では。

>>ひらりん

 コメントどーもですm(_)m
 さすが,地元出身者は話に具体性がありますね.ご教示ありがとうございます.

 島根県も学区制の再編に動いてまして(島根県の学区制は非常に複雑で,松江市内にも松江北・南・東の各校に対応した小学区があったり,他の学区への入学について出雲国と石見国の間には5%,それぞれの学区外への入学には8%の制限がかけられてます),高校の序列化と出来のいい生徒の一極集中を避けるために,再編にも苦労があるようです.
参考:山陰中央新報 - 通学区検討委が最終答申案まとめ
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=796910004


 で,宮城県ですが,河北の記事にある

> 「学区撤廃は競争激化や、生徒の仙台一極集中を招く」
> 「他学区から来ている優秀な生徒が一部公立校に集中する」

問題は「一極集中」には無いだろうと,僕も実は思ってまして,それなら仙台市内の進学校を宮城県の辺境部(失礼)に移転してしまえ,と暴論のひとつも唱えたくなったわけですよ.
島根県の学区制再編の苦労もわからないではないですが,問題は一極集中を気にする余り,「必要な生徒に必要な教育を」と言うことが,現状ではあまり省みられれていないところにあるんじゃないでしょうか.
と,考えると,ひらりんの意見には共感するところが大いにあります.

 ところで,

> 宮城県人は、出身大学より出身高校で人を見る

栃木県じゃあまりそれを感じなかったんですけど(特に県南は人口の流動性が高い上に,東京志向が強くて),福島県に来たらあるわあるわ,それ(^^;)という感じです.男女ともいわゆる4大校(福島,安積,会津,磐城)を頂点にしたピラミッドが厳然と出来上がっているのね.それが問題で福島県は公立高校の男女共学化を強引に進めちゃったんでしょう.全ての公立高校の男女共学化には大賛成ですが(GHQが指示した時点でやってないことがそもそも問題),ピラミッドの解消によい手段だったかどうかは,もう少し時間を置かないとわからないかもしれません.

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日常(2006年7月13日):

« マーラー/交響曲第7番 | トップページ | ドヴォルジャーク/交響曲第9番 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ