2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 日常(2006年7月7日) | トップページ | 日常(2006年7月8日) »

2006/07/08

ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第4番

ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第4番ト長調作品58@エドウィン・フィッシャー(指揮&ピアノ)/フィルハーモニア管絃楽団(EMI/新星堂:SGR-7109)

 フィッシャー(1886-1960)は独墺音楽のスペシャリストとして鳴らした大ピアニスト.いわゆる「弾き振り」を復活させたピアニストでもあり,ハイドンの交響曲録音も残している.ピアノをガンガン鳴らしてバリバリと大曲を征服するわけではないため,技巧の弱さが指摘されることもあるが,コルトーのように破綻の美学を聴かせるタイプではなく,一見訥々とした弾きぶりに汲めども尽きぬ深い精神性と音楽性を籠めた演奏を残した.
 この第4番は,まさにフィッシャーの精神性と音楽性の見本を聴かせる録音.ベートーヴェンの音楽を分析するのではなく,慈しみ大切に丁寧に扱う姿勢に聴くべきものがある.

« 日常(2006年7月7日) | トップページ | 日常(2006年7月8日) »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第4番:

« 日常(2006年7月7日) | トップページ | 日常(2006年7月8日) »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ