2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

民間図書館らしい企画を生み続けた船橋北口図書館を助けて下さい!(岡直樹) - READYFOR?

ココログ


ほし2

« 日常(2006年7月15日) | トップページ | 日常(2006年7月16日) »

2006/07/16

陰陽師

陰陽師
陰陽師
posted with 簡単リンクくん at 2006. 7.16
繁田 信一著
中央公論新社 (2006.4)
通常24時間以内に発送します。

 平安時代中期,いわゆる王朝時代に活躍した安倍晴明をはじめとする,実在の陰陽師たちがその当時,どのような役割を貴族社会において果たしていたかを,当時の貴族の日記から丹念に掘り起こしたのが本書である.藤原道長を筆頭とした王朝貴族たちの,日常を彩る怪異に対抗し,禁忌における立居振舞を差配し,災厄から身を守る術を駆使し,競争相手を呪詛したりされたり,競争相手の呪詛を見つけたり無力化したり,当時の陰陽師たちは毎日のように貴族から仕事の依頼を請けて地道に(?)働いていたのだった(^^;).「呪詛」に限らず,律令制下の官僚たる陰陽師以外の「陰陽師」や「宿曜師」が陰陽師と並行して活動していたことにも本書の筆は及ぶ.そして,何故「安倍晴明」が陰陽師の中の陰陽師としてひとり伝説のひととなっていくのか,にまで考察は進んでいく.
 超人的な陰陽師の活躍に心躍らせている読者が本書を読んだらがっかりするか(^^;).出来ればそこでがっかりせずに,平安貴族の日常に想像を廻らして欲しいところ.

 個人的には,安倍晴明の伝説化が禁忌や災厄をめぐる活動ではなく,他ならぬ「呪詛」をめぐる活動を取り上げて進行していくのが,げにもと思わされた.人間にとって恐ろしきは自然現象や暦もさることながら何よりも,昔も今と変わらず人間の感情,就中「嫉妬」であった,と(^^;).

« 日常(2006年7月15日) | トップページ | 日常(2006年7月16日) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38016/10968662

この記事へのトラックバック一覧です: 陰陽師 :

« 日常(2006年7月15日) | トップページ | 日常(2006年7月16日) »

平成23(2011)年東北地方太平洋沖地震

UNIQLOCK

ついった

フォト

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

はてなハイク

  • はてなハイク

MyMiniCity

ココログ図書館ネタ