2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« やるじゃん(^^;) | トップページ | 日常(2006年7月29日) »

2006/07/29

ゲンツマー/トラウトニウム協奏曲

ゲンツマー/トラウトニウム協奏曲@オスカー・ザラ&ジークフリート・ゴスリッヒ/ブレーメン国立フィルハーモニー管絃楽団(ヴェルゴ:WER 6266-2

 あるところでテルミンとオンド・マルトノを話題にしたものですから,今日はこれ.テルミンオンド・マルトノとくれば彼らと共に電子楽器第一世代の一角を占めるトラウトニウムの登場です(^^;).
 フリードリヒ・トラウトヴァイン(1888-1956)とこの録音でトラウトニウムを弾いているオスカー・ザラ(1910-2002)により作られたこの楽器は,アルフレッド・ヒチコックの映画〈鳥〉のBGMに使われたことでその名を知られているが,パウル・ヒンデミットやその弟子ハラルト・ゲンツマー(1909-)により管絃楽との協奏曲も作曲されている.このCDではゲンツマーの2曲の協奏曲(もう1曲はザラがトラウトニウムを改良したミクステュアトラウトニウムのための協奏曲)が収録されている.が,この曲は1950年,もう1曲は1958年の録音で,オケがくすんでいるのにトラウトニウムだけが奇妙に生々しい音で録られているという(^^;).作品自体は,あまり面白い音楽ではなさそう.

 ところで,先日取り上げたリヒャルト・シュトラウスの自作自演.3枚組CDにカップリングの「皇紀2600年祝典音楽」作品84は本来,7個のゴング(鐘)を使うように指定されているそうで(お寺の鐘でも想定していたのか),シュトラウスの振った録音ではその部分に,このトラウトニウムが使われています.録音ではわかりにくいのですが,冒頭などで「コンコンコンコン」と動く妙な響きがあるのが,それだと思われます.

« やるじゃん(^^;) | トップページ | 日常(2006年7月29日) »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゲンツマー/トラウトニウム協奏曲:

« やるじゃん(^^;) | トップページ | 日常(2006年7月29日) »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ