2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

民間図書館らしい企画を生み続けた船橋北口図書館を助けて下さい!(岡直樹) - READYFOR?

ココログ


ほし2

« 日常(2006年7月18日) | トップページ | 日常(2006年7月19日) »

2006/07/18

邪馬台国論争

邪馬台国論争
邪馬台国論争
posted with 簡単リンクくん at 2006. 7.18
佐伯 有清著
岩波書店 (2006.1)
通常2-3日以内に発送します。

 初めに断っておきますが,僕は邪馬台国北九州説に左袒しており,なおかつ邪馬台国東遷説の信奉者です(^^;).故に,邪馬台国大和説を唱えた内藤湖南に焦点を当てて邪馬台国論争を綴る本書に対しては,ちょっと微妙なものがあります.ついでに言えば,三角縁神獣鏡は三国呉の鋳物師が日本に渡来(亡命?)して製作した鏡,という説に同意している者でもあります.

 本書は2005年7月に死去した歴史学者・佐伯有清(1925-2005)の遺著.いわゆる「邪馬台国論争」の「通史」ではなく,内藤湖南(1866-1934)を中心に,邪馬台国大和説を唱えた歴史学者,考古学者の群像に邪馬台国九州説を唱えた学者を絡ませながら,邪馬台国大和説の優位性をさりげなく主張しています.「さりげなく」とは言うものの,九州説を唱えた学者について「邪馬台国を九州に所在したものと考えたのは,郷土愛が影響したに違いなく」(88頁)と論じているところなど,ちょっとツッコミどころかな,と思ったり(^^;).
 もっとも,他書ではあまり省みられない,小林行雄(1911-1989)が井上光貞(1917-1983)を裁判に訴えた話などにも言及しており,「興味ぶかい逸話を織り交ぜて」という帯の一文はその通りかと.それにしても,学術的な議論を学術以外の手段で解決しようとしたのでは,如何なる理由であれ小林の選択に誤りが無かったとは,残念ながら言えないような気がします(sigh).

« 日常(2006年7月18日) | トップページ | 日常(2006年7月19日) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38016/10998491

この記事へのトラックバック一覧です: 邪馬台国論争:

« 日常(2006年7月18日) | トップページ | 日常(2006年7月19日) »

平成23(2011)年東北地方太平洋沖地震

UNIQLOCK

ついった

フォト

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

はてなハイク

  • はてなハイク

MyMiniCity

ココログ図書館ネタ