2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« ショスタコーヴィチ/交響曲第14番 | トップページ | 日常(2006年6月10日) »

2006/06/10

ブラームス/交響曲第3番

ブラームス/交響曲第3番ヘ長調作品90@クルト・ザンデルリンク/シュターツカペレ・ドレスデン(BMG:74321-17894-2

 ブラームスの交響曲全集3枚組1290円と言う,何とも言えぬお値段で売っていた録音.僕がこの録音を鳴らすのは何年ぶりだか.高校時代に,昨日取り上げた栃木県立図書館で借りたLPをダビングしたテープは散々聴いたよ(^^;).如何にも「ブラームス」という雰囲気の,派手なところの無い地味な演奏である.冬の日本海のような,灰色の訥弁の魅力とでも言おうか.訥々とした語り口がこの作品に相応しい.ホルンのトップはペーター・ダムだそうで,第3楽章のホルンも素晴らしい.
 実はカップリングの2番が,同じ語り口で失敗している(特にテンポが悪い)のが面白い(^^;).バルビローリもそうなんだけど,ブラームスを訥々と語らせる指揮者は,2番との相性が悪いようだに僕には思える.

« ショスタコーヴィチ/交響曲第14番 | トップページ | 日常(2006年6月10日) »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラームス/交響曲第3番:

« ショスタコーヴィチ/交響曲第14番 | トップページ | 日常(2006年6月10日) »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ