2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 日常(2006年6月21日) | トップページ | 日常(2006年6月22日) »

2006/06/22

スカルコッタス/ヴァイオリン協奏曲

スカルコッタス/ヴァイオリン協奏曲@ゲオルギオウス・デメルツィス&ニコス・クリストドーロー/マルメ交響楽団(BIS:CD-904

 白昼夢を見ているような,難解な作品(^^;)というのが第一印象で,その印象はいまもあまり変わらない.何しろ,作品を聴くのに手ごろな日本語解説も見つけられない_| ̄|○
 緊張感の持続する,内圧の高い音楽なので,このような作品を書き続けるのは当人が報われない限り,難しかろうと思うのだが,スカルコッタスは作曲で報われることがほとんどなく,結局は精神も肉体もボロボロになってしまったようなのが痛ましい(sigh).

« 日常(2006年6月21日) | トップページ | 日常(2006年6月22日) »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スカルコッタス/ヴァイオリン協奏曲:

« 日常(2006年6月21日) | トップページ | 日常(2006年6月22日) »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ