2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 日常(2006年6月17日) | トップページ | ルビコンを渡るか,図問研 »

2006/06/17

リヒャルト・シュトラウス/英雄の生涯

リヒャルト・シュトラウス/交響詩「英雄の生涯」作品40@ゲオルグ・ショルティ/ヴィーン・フィル(デッカ:440 618-2

 リヒャルト・シュトラウスはそれほど好きな作曲家じゃないけど,「ツァラトゥストラはかく語りき」とこの「英雄の生涯」は古馴染みのためか,僕にとっては特別な存在のひとつ(^^;).ショルティのリヒャルト・シュトラウス演奏は,このCDに併録されている「ツァラ」がそうであるように下品なところが気になるが,この「英雄の生涯」はヴィーン・フィルとの録音であるためか,それほど下品でもなく,充分なタメを作った好ましい演奏を繰り広げている.

« 日常(2006年6月17日) | トップページ | ルビコンを渡るか,図問研 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リヒャルト・シュトラウス/英雄の生涯:

« 日常(2006年6月17日) | トップページ | ルビコンを渡るか,図問研 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ