2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 日常(2006年6月6日) | トップページ | 記者の目:民営化が進む図書館 »

2006/06/06

チャイコフスキー/ピアノ協奏曲第1番

チャイコフスキー/ピアノ協奏曲第1番変ロ短調作品23@クリフォード・カーゾン&ゲオルグ・ショルティ/ヴィーン・フィル(デッカ:UCCD-7135

 まずもって,冒頭の吹奏が無造作なのに驚かされる(^^;).吹きっぱなし,にしか聴こえない.さすが若き日のショルティ面目躍如というところ.このあとも金管はかなりアクセントをキツメに吹かせていて,それを1950年代デッカ特有のハイファイ録音が助長する(^^;).やかましい.
 テンポはともかく,オケのお化粧にはとんと無関心なサポートを向こうに回して,「孤高のピアニスト」カーゾンが懐深く,よく指揮者に合わせて豪胆な演奏を聴かせているのはさすが.ピアノにマイクを突っ込んだような録音がカーゾンの線の細さをカバーして,終楽章まで破綻を見せない.

« 日常(2006年6月6日) | トップページ | 記者の目:民営化が進む図書館 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャイコフスキー/ピアノ協奏曲第1番:

« 日常(2006年6月6日) | トップページ | 記者の目:民営化が進む図書館 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ