2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 日常(2006年6月14日) | トップページ | マーラー/大地の歌 »

2006/06/15

日常(2006年6月15日)

 仕事.受入作業コツコツと.その合間に建物に入る耐震補強工事関係の打ち合わせや,図書館報の文章作成とか.文章は1行も書けない(-_-;).
 クルマの不備が見つかったとの連絡をもらったので,ディーラーに電話して日取りを決める.

 読売新聞【没後10年 丸山真男を語る (下)】から.


先日、いきつけの図書館の職員の方が、「眞男」の字が読めないと言う事件も体験したが(笑)。
なんともはや(-_-;).「いきつけの図書館」が公共か大学かは明らかにされていないが,どちらにせよとんでもない話だよな.それとも誰かさんだったら「このひとは児童書担当です!」とか何とか,ヒステリックに弁護されるんだろうか(^^;).児童書だろうがヤングアダルトだろうが,丸山眞男(1914-1996)も知らないで「図書館」に勤め続けられること自体が不思議だと思ってしまうのだが,最近のヒトはそうでも無いのかな.

 毎日新聞【カネボウ:営業譲渡の電子公告に株主500人怒り 「入院、HP見られず」図問研のような貸出至上主義者は金儲け(!)につながるのは嫌がるだろうけど,こーゆう事例にこそ公共図書館のインターネット端末と図書館司書の出番があるんじゃないんでしょうか.特にこれからは.

« 日常(2006年6月14日) | トップページ | マーラー/大地の歌 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日常(2006年6月15日):

« 日常(2006年6月14日) | トップページ | マーラー/大地の歌 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ