2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 日常(2006年5月15日) | トップページ | 「国亡びんとすれば,法を定むること多し」 »

2006/05/15

ブルックナー/交響曲第9番

ブルックナー/交響曲第9番ニ短調@レナード・バーンスタイン/ヴィーン・フィル(DG:435 350-2)

 バーンスタインは,僕にとっては当たり外れの激しい指揮者のひとり.最大の「当たり」はプロコフィエフの「古典交響曲」とショスタコーヴィチの第5番をカップリングしたLP(CBSソニー:23AC506),と言えばトシがばれるか(^^;).あれは劇的かつ爽快な演奏だった.
 DG移籍後のバーンスタインは,とにかく巨匠風にテンポが遅くなり,それにともなって劇性も動的なものから静的なものに変化したように思える.その変化のひとつの頂点がこの録音だったんじゃないだろうか.まごうことなき「ブルックナー」の再現である.

« 日常(2006年5月15日) | トップページ | 「国亡びんとすれば,法を定むること多し」 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブルックナー/交響曲第9番:

« 日常(2006年5月15日) | トップページ | 「国亡びんとすれば,法を定むること多し」 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ