2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 三笠宮記念図書館 | トップページ | ブルックナー/交響曲第1番 »

2006/04/21

日常(2006年4月21日)

 仕事.何とか復活(-o-)/.上司が4月早々から病に倒れてやきもきしていたところへ,上司の代行が発令されたというので病み上がりの身ながら,おっとり刀で発令されたヒトのところに罷り越してみたら,先方が出張で不在であった(-_-;).一昨日探されていたらしいのだが,如何せん一昨日からこちらも病欠で(>_<).申し訳ないことである_| ̄|○

 久し振りにのぞいた,図書館系某掲示板で「ゼロから(と言うよりほとんどマイナスから)大学図書館づくり」をしている方がいるのを見つけて吃驚してしまう(*_*).そりゃ無謀ですよ.とにもかくにも,経験者を引っ張って来なくちゃ.「少しのことにも先達はあらまほしきことなり」と先人も申しております.

 日刊スポーツ【私服警官を児童が「不審者」と勘違い】笑い話にならないところが哀しいと言うか,何と言うか.


 奥村喜和男のことは,20年ほど前に放送されたNHKスペシャル〈ドキュメント昭和〉が取り上げていました.確か第4巻「トーキーは世界を目指す」だったと思います.記憶が不確かなので現物に当たればいいのですが,角川書店から出た『ドキュメント昭和』の現物が,我が家の段ボール箱の中なので記憶に頼って書きました(^^;).ゲッベルスの宣伝省をモデルにした情報統制を日本映画の世界で,という話だったような気がします.

« 三笠宮記念図書館 | トップページ | ブルックナー/交響曲第1番 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日常(2006年4月21日):

« 三笠宮記念図書館 | トップページ | ブルックナー/交響曲第1番 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ