2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 観桜会 | トップページ | 日常(2006年4月29日) »

2006/04/29

ドヴォルジャーク/交響曲第9番

ドヴォルジャーク/交響曲第9番ホ短調作品95「新世界より」@オットー・クレンペラー/フィルハーモニア管絃楽団(EMI:7 63869 2)

 好き嫌いの多い指揮者だった(^^;)クレンペラーが,何故か「新世界より」を録音しているのはチャイコフスキーの4,5,6番を録音しているのと同じくらい不思議に思える.やっていることは何時ものクレンペラー(^^;)なので,相手がドヴォルジャークだろうがベートーヴェンだろうが変わりなく,透徹した眼差しが音楽の本質を浮かび上がらせる.あくまでドイツ・オーストリア音楽的に,だが.
 しかし,第1楽章で繰り返しを励行したり,序奏部最後のティンパニが1回しか鳴らされなかったり,ドヴォルジャークでも実は眼光紙背に通じているところがクレンペラーの偉大なところである.

« 観桜会 | トップページ | 日常(2006年4月29日) »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドヴォルジャーク/交響曲第9番:

« 観桜会 | トップページ | 日常(2006年4月29日) »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ