2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 日常(2006年4月17日) | トップページ | ホルスト/吹奏楽のための組曲第1番 »

2006/04/17

コルンゴルト/交響曲

コルンゴルト/交響曲嬰ヘ長調作品40@エドワード・ダウンズ/BBCフィルハーモニック(シャンドス:CHAN9171)

 ヴィーン生まれのユダヤ人で神童としてスタートし,ヨーロッパでは華麗なオペラ作曲家として知られ,USA亡命中はその華麗なオーケストレーションの才能でを生かして,ハリウッドで一世を風靡したエーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト(1897-1957)が晩年,ヨーロッパでの再評価を賭けて世に送り出した大作.だが,第二次大戦後の楽壇はヴェーベルン全盛になり,コルンゴルドのような華麗でメロディアスな作風には冷たく,コルンゴルトは失意の中その生涯を終える.コルンゴルトの再評価が進むのは,ようやくここ10年ほどのことになる.
 このダウンズの録音は,クラシックのバランスでオーケストラをドライヴしているためか,時々音楽の座りが悪いことがある.コルンゴルトの意図とは裏腹に,むしろこの曲のオーケストレーションはセミ・クラシックやイージーリスニングのオケ・バランスでオーケストレーションされているところがあるようだ.

« 日常(2006年4月17日) | トップページ | ホルスト/吹奏楽のための組曲第1番 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コルンゴルト/交響曲:

« 日常(2006年4月17日) | トップページ | ホルスト/吹奏楽のための組曲第1番 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ