2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 日常(2006年3月25日) | トップページ | ブルックナー/交響曲第4番 »

2006/03/25

モーツァルト/レクィエム

W.A.モーツァルト/レクィエムK.626@ジャン・クロード・マルゴワール/ラ・グランド・エキュリ・エ・ラ・シャンブル・デュ・ロワ(K617:K617180)

 フランスの“K617”という,一風変わった名前のレーベルから出ている,一風変わったモーツァルトの「レクィエム」.
 1819年12月19日にリオ・デ・ジャネイロでこの曲が演奏された際,その指揮を執ったジョゼ・マウリシオ・ヌネス・ガルシア神父なる人物が,その3年前にリオを訪れた作曲家のシギスムント・ノイコム(1778-1858)に補作を依頼し,ガルシア神父によるリオでの演奏の際に用いられたと思われる「リベラ・メ」が「コンムニオ」に続けて演奏されている.長い間リオの大聖堂に埋もれていた楽譜が近年発見され,2005年11月13日に復活蘇演が行われた際の録音.追加された「リベラ・メ」は,何やらこの「レクィエム」全体のダイジェストみたいな中間部を持つ,不思議な曲である(^^;).
 演奏は,最近おなじみの軽量級「モツレク」.

« 日常(2006年3月25日) | トップページ | ブルックナー/交響曲第4番 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モーツァルト/レクィエム:

« 日常(2006年3月25日) | トップページ | ブルックナー/交響曲第4番 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ