2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 図書館資料費は6年連続減 | トップページ | 日常(2006年3月6日) »

2006/03/06

ストラヴィンスキー/春の祭典

ストラヴィンスキー/バレエ音楽「春の祭典」@ヘルベルト・フォン・カラヤン/ベルリン・フィル(DG:463 613-2)

 1975年から77年にかけて録音された,カラヤンの新盤.カラヤンは「春の祭典」を録音中に,ベルリン・フィルのあまりの鈍重さに業を煮やして近所の喫茶店に駆け込んでジャズを聴きまくった,と言う伝説(^^;)があるらしい.ところがカラヤンの旧録音(1963/64年)について,他でもないストラヴィンスキー自身が不満をとある雑誌で公けにしているそうで(^^;).確かに,ここに聴く「春の祭典」はレガート全開いつものカラヤン流だが,曲の持つバーバリスティックな面をいささか封殺してしまっているキライがある.
 とは言え,曲が何だろうが自分の流儀でねじ伏せてしまい,しかもオケに対する最高の統率力で聴かせるカラヤンという指揮者は,確かに凄い指揮者だったのだな.

« 図書館資料費は6年連続減 | トップページ | 日常(2006年3月6日) »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ストラヴィンスキー/春の祭典:

« 図書館資料費は6年連続減 | トップページ | 日常(2006年3月6日) »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ